【考察】総額1億円!ZOZO前澤社長のツイッターお年玉企画にツイッター民が狂喜乱舞。100名に100万円が当たる。フォロワー激増中。

zozo前澤氏の総額1億円のお年玉企画
 
パンダ
お金に釣られたツイッター民がわんさか湧いてるぞ。

今回は、ZOZOの前澤氏がツイッターで発表したお年玉企画について書いてみようと思う。

まずはツイートをみてもらったほうがいいだろう。

ZOZO前澤社長のツイッターお年玉企画の内容

内容は、前澤氏の私費から、100名に100万円をプレゼントするということで総額1億円のお年玉企画なのだ。

条件はツイッターで前澤氏をフォローし、この企画のツイートをリツイートするだけ。期限は1月7日までだ。

抽選方法はあきらかにされていない。

こんな企画今まであっただろうか。おそらく私費で1億円を出せる人は他にも多くいると思うが実際にやってしまうのは前澤氏くらいだろう。他の富裕層は1億円をツイッター民に配るなんて勿体ないと思うだろう。

前澤氏のすごいところは、思いついたはいいがこんなことやったら世間から叩かれるよな、と常人なら思うところで、更にアクセルを踏めることだ。

常人が躊躇するところでアクセルを踏み込める人は少ない。誰もが怖がってまわりの様子をうかがうのが精いっぱいだ。

だが、前澤氏はアクセルを踏む。これは才能なんだと思う。どれだけ勉強して頭がよくて事業もうまくいって大きな富を入れた人がいたとして、その人たちが全員同じようなことができるかと言ったらそうではない。

どんなに優秀な人でも躊躇してしまうことがある。計算高いから余計かもしれない。まず考えることは守りなのだ。常人は1億円持っていたら守りに入ることは確実なのだ。

しかし前澤氏は事業で成功し、莫大な富を手にしても守りに入らない。攻め続けることができるのだ。攻め続けるというのは簡単なようでとても難しい。

スポーツでは攻撃こそ最大の防御とも言うが、ボクシングにしてもサッカーにしても攻め続けるというのは簡単なことではない。

攻め続けていれば必ず疲れが見えたり、隙ができたりする。そこを狙われてカウンターを食らってしまう。

その恐怖を払いのけ、攻め続けるのは勇気や覚悟のいることなのだ。それを前澤氏は持ち合わせているのだ。

【比較】「ZOZOHEATCOTTON」を実際購入して着た感想。静電気やかゆみでユニクロヒートテックがダメな人でも大丈夫。

2018.12.28

前澤氏はおバカなのだ

だがこうやって1億円をぽんと出せてしまうところから、勇気とは別のものが必要ではないか、とも考える。

それは「バカ」ということだ。全く悪い意味ではない。

自分が正しいと思った道をまっすぐに突き進むことのできる力をここでは「バカ」と表現しているだけだ。

投資などの相場でも言われることがある。ときには「バカ」になることも必要だ、と。これは例えば何年かに一度の暴騰相場が来た場合、大抵の人は上がりきる前に怖くなって株を売ってしまう。

そのまま持ち続けていれば資産は更に何倍にもなったかもしれないのに、だ。

だから持ち続けるにはバカになるしかないのだ。それで儲かるかどうかは別の話。

前澤氏は繊細であり鈍感なのだと思う。

ビジネスで成功することができる繊細さを持ち合わせながら、目的のために雑音をカットできる鈍感さを持ち合わせいるのだ。

人は人からの批判に弱い。

名著「思考は現実化する」にこういった一説がある。

全人類が持っている最大の弱点は、他人からのマイナスの影響に対して、自分の心を開け放しておくことである。

他人からマイナスの影響を受けすぎると、自分を見失う。前澤氏はそれをコントロールできるのだと思う。

普通の人は、人から批判されたらまず止める。そこからどうしようか考え、結局やらない。

前澤氏は、人から批判されてもまずやる。そこからどうしようか考え、結局やり続ける。

この差は小さいようで、天と地ほども差がある。この差は埋められないと思う。

これはもう持って生まれた才能だ。あなたがこれから前澤氏のようになろうとしてもなることはできない。誰も氏の代わりはできないのだ。

【AbemaTV】「ZOZO田端信太郎VS藤田孝典公開討論!カンニング竹山の土曜The NIGHT」を観た感想。

2018.11.18

この企画に関するツイートまとめ

パンダ
みんな100万円が気になってるんだな。

Testosterone氏(@badassceo)はユーモアいっぱいだ。

金では絶対に動かん、と言いながら次のツイートでご丁寧なツイートをしている。

とにかくみんな楽しんでいるようで。

また、偽アカウントが出てきているので注意しよう。イケハヤ氏が解説している。

田端氏といつもツイッターでケンカしている藤田氏も、どうやらリツイートしたようで。

【note書評】ZOZO前澤友作著『月に行くより、災害や貧困支援にお金を使っては?に答えました』を読んだ感想。

2018.10.11

100名に100万円をプレゼント企画、まとめ

と、いうことで、

どうか、100万円当たりますように。

パンダ
おい管理人、お前リツイートしてるんじゃねーか!