【Voicyレビュー】イケハヤ仮想通貨ラジオ『サクッと起業してサクッと売却する』を聴いた感想。

Voicy
 
パンダ
サクッと起業してサクッと売却するってどういうこと?

そんな疑問を持った方にこの回のVoicyはオススメです。

サクッと起業してサクッと売却する

この見出しは正田圭さんという起業家の本のタイトルで、イケハヤさんはこの方と対談をしてきたそうです。
この本ですね。

サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

正田 圭
1,650円(11/18 15:50時点)
発売日: 2018/01/31
Amazonの情報を掲載しています

サクッと起業してサクッと売却する。あんまそういう観点で起業するというのは、IT系の人は感覚あるかもしれないけど、一般的には起業してその会社を売るっていうのはどういうこと?って感じだと思います。

普通の感覚はこれですよね。何か商品を作って売るとかならわかりますが、会社を売るっていう感覚は勤め人にはわからない感覚ですね。まわりそういう人がいればなんとなく実感を持てるかもしれないですが、そんな人まわりにいませんよね?

実際、起業して売却するのを目標とした場合、何からすればいいんだろう。まず会社を作るところからだろうけど、ジャンルは何にしようって感じですよね。

パンダ
……。why?

ただの勤め人だとここで思考停止です。

何かジャンルが決まったとしても、それを形にして会社立ち上げてそんでもって売却できるまで成長させる、途方もない道のりだな。

さあ、やっと売却できるという段階になったとき、そんな会社誰が買うかよ、なんて言われたらもう生きていけないですね。

僕も30代になったので、自分の会社と平行して誰かと一緒に会社を作ってそれを育てて2、3年で売却して5億とか10億稼ぐ、というのはやりたいと思っています。今はそういう話がないのでやってないですけど、もしこれを聴いてる人で一緒にイケハヤと会社作って2、3年で売却したいという方がもしいたら是非一緒にやりたいなという感じで、そういうキャリアパスというのは本当に考えているんですよね。

どこまで本気なのかわかりませんが、Voicyを聴いてみて興味の出た方は一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

勤め人が声かけたら、勤め人なんかクソだ、とか言われて追い返されそうですけど。。。

会社が売れる2つのパターン

会社が売れる2つのパターン
①創業者がイケてるからその人ごと買ってしまう。
②純粋に事業がタイミング的にイケていて買ってしまった方が早い。

この2点を考えながら企業することで、会社を売却してお金を得ることができるとイケハヤさんは語っています。

パンダ
僕、イケてる創業者になれるかな?
無理そうだな。

じゃあ、良いタイミングで事業を立ち上げるしかないな。

それも難易度MAXじゃね?

ここでは、立ち上げ半年でDeNAに会社を売却したことがある、井出一誠さんのことがあげられています。

この記事の方ですかね。

やはり優秀な人はどの企業も欲しがっているという感じですね。その優秀な人が新しい事業なんか立ち上げていたら、もう即買いなんでしょうね。人生楽しそうだなぁ。

狙い目はブロックチェーンとe-sports

具体的にどんな事業が今のタイミングだったらイケてるかをチラっとお話してしまいますけど、僕だったら2つ見ますね。ブロックチェーンという業界と、e-sportsの業界を見ますね。特にブロックチェーンがいいかなという感じがします。今だったらBtoB、特に対企業をみたブロックチェーン関係のメディアを作ったらイケるんじゃないかと思います。(ここで娘さんが泣きそうになる)

ブロックチェーンは、今仮想通貨が値下がりしていて、コインチェック事件などもあったため不安要素も多いことから仮想通貨業界のイメージはかなり悪いですが、ブロックチェーンが世の中をかえることは確実だと思います。

仮想通貨だけを見てしまうと、なんだか怖いと思って関わることを避ける人もいますが、ブロックチェーンの技術がこれから仮想通貨以外に使われてくるはずです。そのときに、ブロックチェーン関係の企業を持っていて世の中にある程度認知されていれば、その会社買いたい、と言ってくれる人がいるかもしれないですね。

e-sportsに関しては、日本はまだ遅れてますが、海外では年間の賞金獲得額が1億円を超える人も出てきています。これなら子どもの頃にもっと一生懸命ゲームをしておけばよかったと思うくらいですね。

これからは「いつまでゲームしてんの!」という親の言葉が、「もっとゲームやりなさい!」に変わるかもしれません。それはそれでイヤだな。

まとめ

この回をひと言でまとめると、

「タイミング的に良いジャンルの事業を立ち上げて2、3年で売ることができれば数億円はすぐに手に入る」

ということですね。

パンダ
むずくね?
これできる人、10,000人にひとりいるかいないかくらいじゃないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA