【書評】悩みは筋トレがすべて解決!『筋トレが最強のソリューションである Testosterone著』を読んだ感想。

「筋トレが最強のソリューション」を書評するパンダ
 
パンダ
筋トレで悩みが解決するかね?

タイトルからして筋トレ本だと思うかもしれないがこれはただの筋トレ本ではない。

この本は最強の自己啓発本だ、とお伝えしたい。

この本はこんな人にオススメ!
・自分に自信をつけたい人
・悩みをなんとかしたい人
・モテたい人
・筋肉をつけたい人

筋トレは男性だけでなく、女性にもオススメだ。

この本はこんな女性にオススメ!
・美肌、髪ツヤを手に入れたい女性
・美尻を手に入れたい女性
・ダイエットしたい女性
・マッチョの男性を落としたいと思っている女性

著者のご紹介

まず、ツイッターをしている方はご存知の方もいると思うが、「著者のTestosteroneって誰やねん?」と思った方のために本文から著者が語っている経歴をご紹介する。

僕は1988年、日本で生まれ、高校から大学までをアメリカで過ごしたのちに帰国。現在は日本企業の役員を務めつつ、とあるアジアの大都市で企業の社長として働いている。
自分で言うのも何だが、僕は学生時代から文武両道の生活を送ってきた。アメリカではバスケットボール、アメリカンフットボール、ウエイトリフティング、レスリング、ボクシングなど様々なスポーツを経験した。特に本気で取り組んだ総合格闘技では、世界最大の格闘技団体UFCのトップ選手と生活を共にしながら切磋琢磨。アマチュアながら州のチャンピオンシップ目前というところまでのぼりつめ、無敗のままで格闘家としてのキャリアを終えた。
もちろん学業もおろそかにせず、アメリカの大学でマーケティングを修了。語学の習得にも積極的に取り組み、日本語/英語/中国語を操るトライリンガルになった。 ツイッターアカウント@badassceo

著者は謙遜しながら書いているが、これだけ見てもすごい経歴。

著者はこう言い切っている。

筋トレとプロテインでこの世の99%の問題は解決します。
本当です。

この本は1ページ1項目になっていて、とても読みやすい内容となっている。

では、見ていこう。

まず、主に男性にオススメの項目

筋トレをするともれなく自信がつきます

自信がない人は筋トレをしてください。
①身体がカッコ良くなる。
②異性にモテる。
③テストステロンというホルモンがあふれて気分上々。
④上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れると思うと得られる謎の全能感。
⑤恋人に裏切られてもバーベルがいるという安心感。
以上の理由から自信がつきます。

思わずクスっとなる言葉たちですが、特に男性は④に引きつけられたのではないだろうか。

上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れる、ってすごいこと書いてある。

更に、謎の全能感。

これは何なのか謎だが、是非味わってみたい感覚だ。

だいたいの人が自分自身にどこか自信を持てないでいると思う。

一見、自信がありそうな人でも実は心の中では怯えていて悩んでいて、それでもなんとか虚勢を張って生きている、そういう人が実は多いはず。

そういったときその不安を克服するには、人より仕事をするとか人より勉強するとかして自分を磨くか、はたまた邪魔な人を排除するか倒すかして自分の居場所を作るか、という方法があると思う。それらとは別に、著者は筋トレをすすめている。

著者曰く、筋トレでほぼすべての悩みは解決すると断言している。

筋トレの効能は単純に身体が大きく強くなることで、心も強く大きくなるということと、ホルモンが出ることにより、精神的な安定を手に入れることができることだと思う。

パンダ
まちがっても本当に上司を葬っちゃダメだ。ニュースになってしまうぞ(笑)
パンダ
「えーでは次のニュースです。昨夜未明、部下が上司を葬る事件が発生しました。一部の部下からは称賛の声があがっています――」

自己中心的であることを恐れない

幸せは連鎖する。自分が幸せなら自然と他人の幸せも願うようになるし人に与えられるより与えたいという気持ちになるもんだ。他人に気を遣いすぎて疲れてないか? 自分が幸せでいればそれが必ず人の幸せにもつながる。まずは自分を大切にしてやれ。自分の幸せのために自己中心的である事を恐れるな。

著者のTestosterone氏の不思議なところは、言い方はぶっきらぼうでもとてもやさしさが伝わってくる言葉であるということ。

今の世の中、生きづらい世の中になっている気がする。

その理由のひとつに、すぐにつながれるということにあると思う。

テレビ、電話、様々なSNS、いつも喜怒哀楽を混ぜ込んだ情報が波のように押し寄せてくる。

その波の中で、自己肯定感を持って生きるというのは相当のメンタルの持ち主でないとできない。

普通の人であればその波から逃れるのがやっとで立ち向かうなどできるわけもない。

幸せの形というものも、なんとなく世間が作り上げたものがあり、それから逸脱するとまわりから白い目で見られる、そんなことも多いのではないだろうか。

そうなると決まったレールの上に乗って、まわりから非難されないように生きる方がかしこいといえるのかもしれない。

しかし、それでは自分が幸せになれるわけもない。

この項目にあるように、自分が幸せでいることが他人の幸せにもつながる。

むしろ他人の幸せなど考えなくていいのかもしれない。

とことん自分が幸せになるように行動して幸せそうにしていれば、いつのまにか周囲も幸せになっているのかもしれない。

自分を大切にしよう。

やりたくないことに嫌々取り組んでも成功はない

「好きな事を仕事にできるほど甘い世の中じゃない」と言われても諦めるな。好きな事は努力を努力と感じず楽しめる。努力を努力と感じない感覚は成功したければ必要不可欠。逆に「好きでもない事を嫌々やって成功をつかめると思うな」の方がシックリくる。熱意を持って打ち込める事に出会ったら簡単に離すな。

「好きな事を仕事にできるほど甘い世の中じゃない」、なんかよく聞くセリフである。

もしかしたら自分も言ったことがあるんじゃないかと思うくらい、定着した言葉だ。

でもこういうことをいう人って、今まで我慢して我慢してようやく今の地位を手に入れた、みたいな人が多い。

要は古臭い考え方、というのだろうか。

オレはこれだけ我慢して苦労したんだから、お前も同じように我慢や苦労をしろ、という意味なのだ。

オレは苦労したんだ、お前にだけ楽な思いなどさせるか、という嫉妬のような感情が混じっているような気がする。

これではダメなんだ。

何がダメかというと、進歩がないから。

今までと同じやり方でお前も苦労しろ、ということなので何も前に進まない。

今までその仕事にかかっていた時間をまた繰り返すということ。

それで人や会社が成長するわけがない。

不便だったものが効率よくなったり、便利になったりする、それが人間の進歩における当たり前の姿だと思わないだろうか?

進歩を否定する人は、馬で会社に通勤すればいい。

そんな世の中ですから、好きなことを仕事にして生きていくというのは、生半可な気持ちでは成功しない。

周囲からのあたりもキツくなりますから、今まで以上に防衛をする必要がある。

それでもとにかく前に進もう。

進歩のないところに未来はない。

まわりが何と言おうと、あなたが好きな事をして生きていくべきだ。

続いて、主に女性にオススメの項目

ハリウッドセレブだってハードに筋トレしている

筋トレしたら太くなっちゃうからダイエットは別の方法で」とか言っちゃってうそこの麗しき乙女! 君の大好きなミランダ・カーだってジェシカ・アルバだってハードにトレーニングしているよ。ハリウッドセレブに大人気のダイエット専門トレーナーは大抵ボディビル出身の筋トレオタクだ。信じろ筋トレしかない。

女性の方は、筋トレするとムキムキになると思いがちですが、ホルモンの関係で女性はムキムキにはならないそうだ。

むしろ、筋トレすればするほど女性特有のクビレやヒップの丸みが増し、立ち姿も綺麗になるとのこと。

筋トレとプロテインは美肌への最短ルート

ピチピチお肌を手に入れたいなら乳液を塗りたくってる場合でもエステ行ってる場合でもない。外側から攻めるよりもプロテインとフィッシュオイル摂取して筋トレして汗かいてたくさん水飲んで代謝上げて内側から攻めろ。身体は本来肌を最高の状態に保つ能力を持ってる。無駄にするな。乳液やエステはその後だ。

筋トレオタクに聞いた「彼女に作ってほしい料理ランキング」

1位 ササミのわさび醤油添え
2位 ササミの柚子胡椒添え
3位 ササミガーリックパウダー風味
4位 ササミカレー粉風味
5位 プロテイン
6位 ササミの蒸し物
ササミをパサパサにならぬよう茹で上げる技術、プライスレス

パンダ
筋トレオタクを落としたいと思っているあなた。是非お試しください(笑)

筋トレオタクと結婚すべき理由

・ジム、サプリ代しか使わないので経済的
・栄養摂取できれば毎日の献立が同じでもOK
・心も身体も潰れる心配がなく定年まで安定した収入が望める
・デカイので横にいると細く見える
・筋トレと睡眠で忙しいので浮気しない
・筋トレ時間さえ与えておけば常にご機嫌

デカイのが横にいればあなたはもうスレンダー。

パンダ
もうこれは筋トレオタクと結婚しない理由が見当たらない(笑)

これは筋トレ本ではない、最強の自己啓発本だ!

食事について知りたい方は本書を読んでほしい。一日の理想のメニューや、避けた方が良いメニューなども記載されている。

この本には他にもたくさんの響く言葉が書かれている。

自己啓発本としても大変優れているのだ。

筋トレしたい人だけでなく、人生に何か悩みがある人にも読んでほしい本。

悩みがふっとぶほどのエッセンスが、この本には詰まっている。この本はダンベルよりも重い。

最後にひとつ引用して終わりにしよう。

「筋肉を得る過程ですべてが手に入る」

何か物足りないと感じているそこの君! 断言しよう。足りていないのは筋肉だ。筋肉を手に入れる過程で自信、健康、知識、仲間、成功、根性、品格、社交性、彼女っぽいもの(ダンベル)、自制心、タフなメンタル、趣味、親友っぽいもの(バーベル)すべてが手に入る。

探せ! この世のすべてをジムに置いてきた!

パンダ
筋肉王に、俺はなる!!
筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

Testosterone(テストステロン)
1,296円(01/17 11:28時点)
発売日: 2016/01/29
Amazonの情報を掲載しています

【書評】生きるのがつらい人にオススメの本!『超筋トレが最強のソリューションである Testosterone著』を読んだ感想。

2018.06.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA