【考察】ZOZO田端氏、イケハヤ氏からブロックされるってよ。脱社畜サロン正田氏のプロフ盛ってる疑義から発生した一連の話を整理してみた。

ZOZO田端氏、イケハヤ氏にブロックされるってよ。
 
パンダ
またなんかツイッターでケンカしてるぞ。

今回は、ZOZO田端氏がイケハヤ氏からツイッターでブロックされた件について考察してみた。

両氏は面識もあり、対談等もしている仲だが、今回は田端氏もイケハヤ氏もお互いの思うところをぶつけあった。

その結末が、田端氏をイケハヤ氏がブロック、である。

発端は脱社畜サロンの正田氏への疑義からはじまった

まずこの話の登場人物を紹介しておこう。主な登場人物は5人だ。

イケハヤ氏(@IHayato)
正田氏(@keimasada222)
えらいてんちょう氏(@eraitencho)
いしかわ氏(@ishikawa_73568)
田端氏(@tabbata)
けんすう氏(@kensuu)

まずこの話はえらいてんちょう氏が、脱社畜サロンを運営している正田氏について以下のようなnoteを出したあたりが発端のようだ。

えらいてんちょう氏は、正田氏のツイッタープロフ「2〜3桁億円をメインとしたM&Aコンサル会社」に疑義があるのではないかと言っているのだ。要はプロフ内容が盛っているのではないか、ということだ。

これが本当のところどうなのかは私にはわからない。正田氏は事実無根だとして弁護士に相談するとしている。また一方で正田氏は、アカウント名に「プロフ盛ってます」と入れるなど認めていると思われる言動もある。

正直、プロフを盛るということについて、私は何の感慨も持たない。そうしたい人はすればいいし、それを見て信じるか信じないかはフォローする人の器量に委ねられるだろう。だから、誰かをフォローする際は、プロフが盛っている可能性もあるということを前提にフォローすべきだと思う。

あとからプロフ盛ってるぞ、詐欺だ、というのは気持ちはわかるが、意味がないことだ。ツイッターは匿名が許されているツールであることから、すべてを鵜呑みにするのは危険だしそこには自己責任が伴う。

ただ無料のツイッターだけの話ではなく、有料のサロンも関わってくるからやっかいなのだ。

脱社畜サロンに加入しているいしかわ氏がBANされた件

パンダ
BAN、怖

そして、えらいてんちょう氏のnoteを見たいしかわ氏がサロン内で、正田氏に対しての疑義を問い合わせたことでまたその火種が広がることになる。

いしかわ氏の問い合わせに対し、イケハヤ氏の返答を要約すると「いちいち疑わない」「みなさんはいちいち疑うんですか?」とあり、この件についてはこれで終わり、と話が切り上げられてしまった。

これはいしかわ氏からすれば不満の残るところだろう。お金を出して脱社畜サロンに加入しており、通常の手続きで問い合わせをしただけなのに、たったこれだけの返答しかもらえならいからだ。

ここで私が思ったのは、イケハヤ氏の立場もわからなくない、ということ。一緒にサロンをやっているビジネスパートナーが、誰かから疑義を指摘されたら、まず守ろうとするのはそんなにおかしいことではないと思う。

逆にそこで「これはどういうことだ」とビジネスパートナーをいきなり問い詰める人とは一緒に仕事ができないだろう。まあ、見えないところで問い詰めているかもしれないが……。

で、このあとだが、これによりいしかわ氏は脱社畜サロンをBANされてしまったのだ。

私はこの一連の話の中で、ここがいちばん問題なのだと思う。

サロンに入っている人から疑義を唱える質問が来たことにより、その人をBANしてしまうとサロン内で反対意見を言うことは許されないということになり、議論をしても成立しないことになるからだ。議論とは対比があって成り立つ。反対意見をすべて排除していたらただの宗教ということになってしまうだろう。

いや、待てよ。

ここで思ったが、これは宗教になろうとしているのか、ということ。信じる者は救われる、の精神でサロン生を選抜しているのならばそれはそれで正統性のある行動と言えるかもしれない。

とことん反対意見を封じて、邪魔な人は排除し、サロン内は自分たちの言うことを聞く人間だけを集める。最初からそこが目的であるならば、BANもあり得る。

ここでZOZO田端氏登場

パンダ
お、きた。炎上請負人。

こうして田端氏が絡んだことでこの件はあっという間に拡散する。もう炎上と言っていいだろう。

でここから田端氏とイケハヤ氏のケンカが始まる。全部のツイートを紹介できないので一部だけ。

実際のやりとりはこの何倍もあるが、どこまで行っても平行線のため、まったく話がまとまる気配がない。

以下のような笑えるやり取りもあった。イケハヤ氏が田端さんに外野は静観してろ、とツイートしたところ、実は田端氏は脱社畜サロンに入会していたという……。

田端氏もBANされるのだろうか。

脱社畜サロン会員のけんすう氏も登場

パンダ
謝っちゃえば済む話なんだけど、自分が100%正しいと思ってるんだろうな。

けんすう氏も脱社畜サロンに加入しているが、その中でこの件についてコメントしている。「僕は最初から正田さんは怪しいと思っていました!」と。

今後の脱社畜サロンの行く末は、けんすう氏にかかっていると言っても過言ではない。

仮にけんすう氏がサロンを脱会したとしたら、それに追随する動きは止められないだろうと思う。

田端氏はとりあえず説明するべきと言い、正田氏はとりあえず認め、イケハヤ氏は突っぱねている、という状況。けんすう氏も田端氏側。

仮に正田氏が謝罪したらイケハヤ氏は独りぼっちになる可能性もある。

さて、この行方はどうなることやら。

まとめ。ZOZO田端氏、イケハヤ氏からブロックされるの巻

最後に、この騒動を締めるためにふたつのツイートを引用して終わりにするとしよう。

パンダ
やっぱり最後は愛だよな。強敵と書いて「とも」と読む!

【AbemaTV】「ZOZO田端信太郎VS藤田孝典公開討論!カンニング竹山の土曜The NIGHT」を観た感想。

2018.11.18