【手帳⑩】「STALOGY 365デイズノート」を使った感想。ノートにスケジュールをプラスしただけのシンプル手帳。

オススメ手帳紹介
 
パンダ
そろそろ手帳を決めようぜ。

【手帳⑨】「クオバディス エグゼクティブノート」を使った感想。正方形の個性あふれる手帳。オシャレだけどビジネスに使える。

2018.12.16

続いての手帳は「STALOGY 365デイズノート」だ。サイズは複数ある中から「A5」を選択。大きなキャンパスが欲しかったからだ。

モレスキンは印刷のタイプがいくつかあったが、こちらは方眼のみ。ノートを使うなら方眼がベストだ。

来年の手帳が決まらないあなたへ「STALOGY 365デイズノート」

STALOGY 365デイズノートの良い点
・万年筆でも裏写りしづらい紙質
・糸かがり綴じ製本のため全ページがフラットに開く
・曜日・日付・月が端に印刷されており、マークするだけで日付の記録を残せる

365デイズノートのいちばんの良さは、ページがフラットに開くことだ。ここまで気持ちよく開くノートや手帳は他にないと思う。

書き始めるときに、パタッと開いて、サッと書ける、というのは長く使うためにはとても重要な要素だ。

また、全ページの上の端に、曜日、日付、月が小さく印刷されており、そのページをいつ書いたのかをマークするだけで記録することができる。書いた日をしっかり記録しておきたいという人には、無地のノートより、この365デイズノートのほうが合っていると思う。

これは私に合っていると直感めいたものがそう言っている。

ということで私は365デイズノートを購入し、使い始めた。

そして……。

その結果





パンダ
これこれ、オイラが求めてたのは!

結局、いくつも手帳を渡り歩き、最終的にはノートタイプに落ち着くということになった。手帳ではどうもうまく使いこなせないという人は、是非ノートタイプを試してみてほしい。

パンダ
メモの魔力に影響受けて、次はモレスキンにしようかな。(まだ変える気なのか)

【超まとめ】来年の手帳が決まらない?!迷っているあなたに私が実際に使った数々の手帳を厳選してオススメ。

2018.12.18