【手帳②】「フランクリンプランナー 1日1ページ」を使った感想。1日2ページも書くことないという人にピッタリ。

オススメ手帳紹介
 
パンダ
諸君、もう手帳は活用してるかな?

【手帳①】「フランクリンプランナー1日2ページ」を使った感想。7つの習慣を実践したい人にオススメの手帳。

2018.12.08

さて、前回に続き2回目の手帳紹介だが、前回はフランクリンプランナー(1日2ページ)だった。

フランクリンプランナー(1日2ページ)を使いこなせなかった私は、白紙ばかりの手帳を見て、肩を落とした。

自分が思い描いていたのは、文字で埋め尽くすほど手帳に書き込み、付属の様々なツールもバリバリ使いこなしている、そういう自分の姿だった。

しかし、手帳はそんなに甘くない。

簡単には使いこなすことを許さないし、もちろん食べても甘くない。

コツコツ毎日続けるというのは手帳に限らず、大変難しいこと。

中途半端な気持ちでは、絶対に続かない。

覚悟が必要である。

では、僕が次に試した手帳を紹介する。

フランクリンプランナー(1日1ページ)

私はフランクリンプランナーをあきらめることができなかった。

バインダーも買ってしまっているので、リフィルがあればまた使える。

だから私はまた「7つの習慣」を読み直し、手帳の大事さを再認識し、1日1ページのリフィルの注文した。

1日1ページなら書くことができると踏んだのだ。

価値観、ミッション

フランクリンプランナーには、人生における価値観やミッション(目的)を書くページがある。

リング形式の手帳で、とっておきたいページはそのまま翌年も使うことができるため、ミッションが変わらないのであれば一生持ち続けることもできるわけだ。

やはり最初はそのくらいの気持ちでこの「フランクリンプランナー」にしたため、何とかもう一度使ってみようと決めた。

でもやっぱり、新しいリフィルを買うと気分がいい。紙も上質たし、手触りも最高。

今度は1日1ページのリフィルを買ったので、これなら毎日続けることができると確信した。

年末に、手帳を振り返って、使い倒しているのを見てニンマリしたいと思う。


その結果

パンダ
やっぱり1日1ページも書くことがねぇ!!!

それと、最初から思ってたけど、

パンダ
真ん中のリング、書くとき邪魔!、

まず、高級感があっていいんだけど、この大きなリングは左のページに書くときにどうしても気になる。

で、1日1ページのリフィルは、やっぱり使いきれない。

スケジュールもそんなに多くはないし、タスクもそう。

1日1ページの場合、タスクの欄は少し多い気がする。

その分をフリースペースにした方が使いやすいかと。

……。

手帳のせいにしてるだけかも。

結局は続けられない自分が悪いんだ。

そうだきっと。

【手帳③】「夢手帳・熊谷式」を使った感想。夢・人生ピラミッドで人生の優先順位をつけられる!

2018.12.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA