【書評】投資家を目指す人は読むべき本。『生涯投資家 村上世彰著』を読んだ感想。村上ファンド最初で最後の告白。(オススメ本)

「生涯投資家」を書評するパンダ
 
パンダ
あんまりいい評判聞かないよな、この人。

今回の書評は村上世彰氏の「生涯投資家」だ。

世間のイメージで言えば、あまり良いとは言えないだろう。世間からすればホリエモンと同じようなイメージなのかもしれない。

本書では村上氏の生い立ちや、投資のついての持論を展開している。またプライベートの部分もさらけ出している。

生涯投資家 (文春e-book)

生涯投資家 (文春e-book)

村上世彰
発売日: 2017/06/21
Amazonの情報を掲載しています

生涯投資家村上世彰著をオススメする理由

パンダ
こんなの切なすぎるだろ

いろいろと賛否のある人だが、「おわりに」にこの本を書いた理由が書かれているので、先に紹介しよう。

ここを読めばあなたもこの本を読みたくなるだろう。ここにすべてが詰まっていると言ってもいい。

しかし 、二〇一五年十一月下旬 、私の事務所に強制調査が入ったことで 、状況が一変した 。当時 、私の会社に入社しコ ーポレ ート ・ガバナンスを旗印に仕事を共に始めていた私の長女は妊娠七カ月に入り 、胎児が待望の女の子であることもわかり 、家族みんなで誕生を心待ちにしているところだった 。そんな中 、調査は前触れもなく始まると長女までも巻き込んでしまった 。彼女は 、調査の対象となった時期である二〇一四年夏頃 、株のトレ ーディングそのものや売買判断に全く関与していなかったことに加え 、第一子出産にあたり産休中であったことから仕事全般から離れていた 。それにもかかわらず 、調査の対象となったばかりか 、逮捕されるのではという憶測まで流れることになった 。妊娠中で体調が不安定な中 、度重なる調査のストレスで彼女は一気に体調を崩し 、とうとう死産をしてしまった 。病室で泣きじゃくる娘を見て 、私は心がえぐられるような 、言葉にはできない悲しみと自分の子どもであるがゆえこのような経験をさせてしまったのかもしれないという申し訳なさが湧き上がってきた 。そして私自身が表に立って自分の理念や信念をきちんと伝えねばならないと思い始めたのだ 。

これは悲劇としか言いようがない。だがこれは防げたことなのでは、と考えてします。強制調査が入り、それに協力しなくてはいけないことはわかるが、それにしても妊婦への配慮がなさ過ぎたのではないだろうか。

この場合、村上氏は自分を責めるべきなのか、検察を責めるべきなのか、感情のぶつけるべきところを見失ったのではないかと感じた。

投資家村上世彰はこうして生まれた

パンダ
オイラもこういう家庭環境で育ちたかったな。

私が自分で株への投資を始めたのは 、小学三年生の時だ 。ある日 、父が百万円の帯付きの札束を置いて 、こう言った 。 「世彰は 、いつも小遣いちょうだいと言うが 、いま百万円あげてもいい 。ただしこれは 、大学を卒業するまでのお小遣いだ 。どうする ? 」見たこともない大金を目の前に 、私は興奮した 。それでも冷静になって 、計算した 。 「お父さん 、大学卒業までだったらあと十四年もあるから 、百万円じゃ少ないよ 。大学入学ならちょうど十年だから 、年間十万円になる 。だから 、大学に入るまでのお小遣いにして ! 」そうお願いして 、十年間のお小遣いを一括前払いということで 、百万円の現金を手にした 。この百万円を元手に 、株の投資を始めた 。

将来のお小遣いをまとめてあげると言われた場合、あなたならどうするだろうか。

先にもらったとして、子供のあなたはそれを増やすことができるだろうか。

おそらく多くの人が先にもらうだろう。そしてほとんどの人が使い果たしてしまうだろう。しかし村上氏は増やした。ここに才能の違いを見た。

先にもらった上にすべて使い果たしてしまった人は、かなりの確率で、またお小遣いをねだるだろう。先にもらうという約束を反故にして。

投資家のイメージが悪いのは誰のせい?

パンダ
あいつとあいつとあいつのせいだな。

日本では 、投資家とは 「汗をかかずに大金を儲ける人 」と悪く思われがちだ 。残念ながら投資家のイメ ージがよくないのは 、私にも原因があるかもしれない 。しかしイメ ージの良し悪しにかかわらず 、事業には資金が必要であり 、資金を出すことによってリスクを取るのが投資家なのだ 。

投資家のイメージが悪いのは楽して儲けているような気がして、ある種の嫉妬を抱えるのだろう。だが、投資家という存在がいない場合、新しい事業が育たないのだ。投資家全員が設けているような錯覚を持っている人もいるのかもしれないが、新規事業に投資し、大損した投資家も星の数ほどいるだろう。全員が全員儲けているわけがないのだ。投資家は全員、それ相応のリスクをとっているのだから。

投資家を批判する人は投資をしたことがない人なんだと思う。一度、株でもなんでも投資をしてみるといいと思う。そうすれば投資が簡単なものではないことはすぐにわかるはず。

生涯投資家、おわりに

最後に、村上氏の想いが詰まった言葉を引用して締めるとしよう。

その方法論や私の言動に賛否はあっても 、私が目指してきたことは常に 「コ ーポレ ート ・ガバナンスの浸透と徹底 」であり 、それによる日本経済の継続的な発展である 。

パンダ
健全で頭の良い投資家が増えれば、日本はまだまだ捨てたもんじゃない気がするな。

【超まとめ】堀江貴文著のオススメ本を一挙紹介!行動できない人はホリエモンの本を読もう!

2018.08.02