【手帳⑧】「モレスキンノート(ポケット・ハード・方眼)」を使った感想。高級感と携帯性を兼ね備えた大人な手帳。

モレスキンノート(ポケットハード方眼)をレビューするパンダ
 
パンダ
諸君、手帳はもうそろそろ決まったでしょ?

【手帳⑦】「ジブン手帳」を使った感想。「DIARY」「LIFE」「IDEA」と3冊に分かれている画期的な手帳。これは一生ものだ。

2018.12.14

続いての手帳は「モレスキンノート」だ。タイプは、「ポケット、ハード、方眼」である。

やはりモレスキンを使うならハードカバーがオススメだ。ソフトよりもハードのほうがモレスキン感を味わえるだろう。

これは厳密に言えば手帳ではなくノートだが、今回は手帳つながりということで紹介してみたいと思う。

来年の手帳が決まらないあなたへ「モレスキンノート(ポケット・ハード・方眼)」

モレスキンノート(ポケット・ハード・方眼)の良い点
・コンパクト(9㎝×14㎝)で携帯性に優れている
・耐久性に優れていて長期間使える

モレスキンを持つメリットとしてあげられるのは、ステータスだろうか。モレスキンを持っているだけでなんとなく仕事ができそう(それ幻想)と見られるかもしれない。

また、カバーの質感が良く、触っているだけでも気持ちが落ち着くのがわかるだろう。

いちばんのポイントは、ノートであるというところだ。ノートのタイプは「方眼」「ドット方眼」「横罫」「無地」とあるが、やはりモレスキンを使うなら方眼がオススメだ。

数々の手帳を試してみたが、スケジュールをわざわざ手帳ですることがわずらわしくなってしまうことがあるのだ。もちろんスケジュール管理は必要だし、なくてはならないものだが、管理だけならアプリでできるし、多少の予定なら記憶しておくこともできるだろう。

そのため、手帳ではなくノートを購入し、日ごろの思考の整理に使ってはどうだろうか、と考えた。

これは私にピタっとはまった。

思いついた言葉を書き止めたり、何か印象に残った言葉を書き留めたり、この使い方は自分に合っていると感じた。

手帳をうまく使えない人は、手帳ではなくノートからはじめてみると良いかもしれない。

ということで私はモレスキンノートを購入し、使い始めた。

そして……。

その結果





パンダ
ポケットサイズはちっちぇえ! なんかパタッと開かないからイヤ!!

手帳ではなくノートというのは私に合っていたと思う。ただ、サイズ感とページを開くときの感触が何か違う、そう思えた。

これもやはりノートではなく私が悪いのだろうか。

パンダ
もう合う手帳なんてないんじゃないか……

【手帳⑩】「STALOGY 365デイズノート」を使った感想。ノートにスケジュールをプラスしただけのシンプル手帳。

2018.12.17