【書評】『健康の結論 堀江貴文著 監修:予防医療普及協会』を読んだ感想。ホリエモンが予防医療について熱く語る本。長生きしたい人にオススメ。

健康の結論を書評するPANDA
 
パンダ
堀江さんは健康について真剣に考えてるんですね。

今回の書評は『健康の結論 堀江貴文著 監修:予防医療普及協会』だ。

堀江氏が健康について熱く語っている本である。

ポイントは「予防医療」で、「防げる死を防ごう」と氏は強く訴えている。

この本を読み、少しでも健康な人が増えることを祈りたい。

人生100年時代、ホリエモンは200年生きる?

散歩する老夫婦
パンダ
200年生きるつもりですか???

僕は 2 0 0年生きると決めた 。極論だが 、平均寿命が延びて 「人生 1 0 0年時代 」といわれる今 、あと 2 0年もすれば技術的には 1 2 0歳まで生きるのなんて楽勝な世界になっているかもしれない 。それなら僕はもっと生きたい 。

何だったか忘れたが、以前何かで堀江氏は、「死が怖い」というような主旨のことを語っていたと思う。

長生きしようと思う人は、死について何らかの恐怖を持っている人なのだろう。

だからこそ健康に気を使う。死について何も考えていなければ、タバコは吸うだろうし、酒も好きなだけ飲むだろう。

それはある意味自分をコントロールできていないだけで、実は人たちも長生きしたいと思っているのかもしれないが。

健康について語る堀江氏は、普段のイメージとは異なるが、死に対しての恐怖を持っているという視点から見ればその言動は納得できる。

また、堀江氏は、なぜ予防できるのにみんなしないのか、という点を嘆いている。

胃がんについての書籍もあるが、予防医療という観点から見ればまだまだ救える命はたくさんあるのだ。

堀江氏はそれを少しでも救いたいのだろう。

ピロリ菌についての本はこちら↓の記事を参考にしてほしい。

【書評】ホリエモンが警鐘を鳴らす『ピロリ菌やばい 堀江貴文著』を読んだ感想。今日からできるむだ死にしない技術。(オススメ本)

2018.11.27

長生きすれば自分の可能性が広がる

機織りをする男性
パンダ
堀江さんはいつも見方が前向きなんですよね。

専門性を身につけていれば 4 0歳でも 5 0歳でも即戦力として働ける場がある 。年齢で自分の可能性を限定しなくていい 、素晴らしい時代がやってきたと僕は思っている 。働ける期間が長くなれば 、当然生涯で得られる経済的資産も増えていく 。

長生きというと、一見マイナス面ばかりが見えてしまうが、堀江氏は違う。

長生きすることで年齢で自分の可能性を限定しなくて良い、素晴らしい時代がきた、と語っている。

今後人類の寿命は延びることは間違いなく、100歳まで生きる人が多くなるだろう。今の時代に生まれた子どもたちの半数は100歳まで生きる、とも言われている。

ほんの50年100年前は、寿命は40~50歳だったのが、この短期間であっという間に倍になろうとしている。人類の進歩というものは恐ろしい。特にこの20~30年のあいだの技術の進歩は目を見張るものがある。

堀江氏が言うように200歳まで生きることも可能になってくるだろう。

そのとき、人はどのように働けばいいのか、という点が課題になってくる。

80歳でも100歳でもできる仕事、というものが今後多く登場すると思っている。

人はいつの時代も仕事を作り出してきた。

AIに仕事を奪われるとさかんに言われているが、産業革命での機械化でも人の仕事はなくならなかった。むしろ増えたのではないか。

だから仕事がなくなることを心配する必要はない。

心配するべきは自分がどのような技術や技能を身につけるべきか、という点だろう。

健康の結論、歯周病予防で全身を守る

歯の治療を受ける女性
パンダ
歯は思いのほか、全身に影響するんですよね。

ぐらぐらの歯で嚙むたびに 、歯周ポケット内の歯周病菌は歯茎の毛細血管から体内に侵入し 、血流に乗って全身を駆け回る 。これが全身に大きな悪影響を及ぼす 。

歯は大事。これは私も常に意識していることだ。

虫歯があれば他のことが手に付かないし、口臭があれば人からの印象は大きくマイナスになる。

堀江氏はこうも言っている。

「残念ながら口が臭い人はビジネスで失敗する」

これはその通りだと思う。どんなに能力が高くても、口が臭いと人は寄ってこない。

また、口が臭いということは、自分の歯の管理ができていないということになり、仕事やプライベートにおいても自己管理のできない人、というイメージを相手に与えてしまうことになる。

歯を守るには日頃のケアも必要だが、定期的に歯医者に通うことが必須だ。

堀江氏は半年に1回は歯医者に行くべき、と言っている。

どれだけ自分で丁寧に歯磨きをしとしても、歯垢を取り切ることはできない。

歯石になってしまえば歯科医でしか取ることができない。

歯を守りたいならプロに任せるというのが適切な選択である。

健康の結論、おわりに

最後に「おわりに」から堀江氏の思いを引用して締めるとしよう。

ごく当たり前に 、息を吸って吐くように予防医療の知識が生活の中に受け入れられたらいい 。そのためのきっかけを作ることやシステムの構築を 、僕たちはこれからも提案していきたい 。

パンダ
そのほかにも、脳やメンタル、女性特有の病気についても語られている良書ですよ。
健康の結論

健康の結論

堀江 貴文
1,300円(12/08 03:10時点)
発売日: 2018/08/09
Amazonの情報を掲載しています

【超まとめ】堀江貴文著のオススメ本を一挙紹介!行動できない人はホリエモンの本を読もう!

2018.08.02