【アニメ】『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』を観た感想。恋の駆け引きをユーモラスに描いた作品。恋愛は血を流さない格闘技だ。大人にオススメのラブコメ。

かぐや様は告らせたいをレビューするPANDA
 
パンダ
かぐや様、おもしろいですね。

今回はアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』をレビューしようと思う。

現在huluで配信中なので、気になる人はチェックしてほしい。

→かぐや様は告らせたいをhuluでチェック←

かぐや様は告らせたい、あらすじと登場人物

パンダ
主な登場人物を紹介します。

白銀御行(生徒会会長)
四宮かぐや(生徒会副会長、四宮財閥令嬢)
藤原千花(生徒会書記)

基本的に白銀とかぐやの恋愛を描く作品だ。そこに藤原書記などサブキャラクターが絡んでくる。
白銀とかぐやは両思いなのだが、互いにそれを伝えず相手から告白させるために、あれこれ策を練るというラブコメである。
キャッチフレーズは「恋愛は告白した方が負けなのである!」である。

普通のラブコメではないので、ラブコメが苦手な人でも楽しめる作品になっている。

ふたりのやりとりにきっと笑ってしまうだろう。

また自分の恋愛や身近な人の恋愛に重なる部分もあるはずだ。

かぐや様は告らせたい、恋愛は格闘技だ

パンダ
すごい心理戦ですよ。

このアニメを観ていると恋愛は血を流さない格闘技なのだと思った。

あれこれ策を練り、相手をどう倒す試行錯誤する。

あたかも格闘技で相手をどう倒すか考えるのと思考回路は似ている。

実際に打撃を加えることはないが、相手ならダメージを与えるという点では格闘技も恋愛も同じだ。

ときには恋愛のほうが心理的ダメージが大きいこともあるだろう。

実際に一発殴られるくらい、恋愛の大ダメージに比べたら大したことはないだろう。

どんなパンチかもにもよるが……。

かぐや様は告らせたいの魅力、ソフトな下ネタ

パンダ
お子様はご注意ください。

このアニメは子どもというよりは少しだけ大人向けと言っていいだろう。

自分の過去の恋愛を思い出しながら、観るというのが大人の楽しみ方だろう。

その中で、このアニメは若干の下ネタが出てくる。

そのため小学生や中学生の子どもを持つ親はちょっと注意が必要だ。

白銀とかぐやと藤原書記で話をしていたときに、雑誌アンケートでの「初体験」の話題になったのだが、かぐや様は初体験をすでに済ませていると言う。
白銀と藤原書記は驚愕するが、実はかぐや様のある勘違いがあるのだが……。

こんな感じなので、子どもだと意味がわからないだろう。

大人が観れば爆笑すること間違いなしだ。

この話はアニメ第3話で観られる。

かぐや様は告らせたい、おわりに

漫画から観るもよし、アニメから観るもよし、新感覚のラブコメをあなたも是非。

huluなら14日間無料体験ができる。

14日間以内にキャンセルすれば課金されることはない。

14日間以内に全話観てしまおう。

→かぐや様は告らせたいをhuluでチェック←

また、漫画から読みたいという人はアマゾンをチェックしよう。

全巻セットがオススメ。

パンダ
このアニメを観ると自分の恋愛と重なる部分が必ずありますよ。