【情熱大陸】「進撃の巨人の作者・諫山創」の回を観た感想。最終巻について言及。エレンに抱かれている子は誰だ?

「情熱大陸」をレビューするパンダ
 
パンダ
おお。情熱大陸に進撃の巨人の作者出てるぞ。

今回は、「情熱大陸」に進撃の巨人の作者諫山創が出た回をレビューしたいと思う。

こういった密着系は苦手らしく、これは貴重な映像となった。

いくつか気になる点を拾っていこう。

進撃の巨人のネームづくりに苦闘

漫画を読む人ならわかると思うが、漫画はまず絵コンテのような漫画のストーリーを考えるところからはじまる。

このネームに向き合うという作業が漫画家にとってはキツいらしい。

諫山氏はこう言っている。

今はその辛ささえ現実逃避している感じですね。

ネームづくりをしなくてはいけないが、それが辛く、その辛ささえ忘れてしまっているということだ。このあと諫山氏は仮眠をとりにいった。

進撃の巨人作者・諫山創の両親

パンダ
子どもがこんなに売れっ子漫画家になったら親もうれしいだろうなぁ。

情熱大陸のカメラは、諫山氏が地元に帰った際も密着しており、そこで諫山氏の両親が登場している。以下は諫山氏の父親が進撃の巨人について聞かれたときの言葉だ。

絵が下手。読みづらい、見にくい。
こんな表現こんな言葉こんな発想をしてるなんて親の世界から見たらわからないじゃないですか。だからゴーストライターみたいのがいるのかなって(笑)

親の心子知らずと言うが、子の心親知らず、とも言えるだろう。子どもが何を考えているかなど結局親はわからないのだ。小さいうちはわかるかもしれないが、物心つき自分で考え行動できるようになったら、もう子どもは子どもではないのだろう。

親にとってもいつまでも子どもも子どもであるため、子どもがあんなに多くの言葉を駆使して物語を紡ぐことに驚いているようだった。

「お前は漫画家にはなれん」というようなことを諌山氏は父親から言われたらしいが、父親は全く覚えていなかった。やはり親というのはそういうものだろう。親やまわりの人間になんと言われようと自分の意志を貫くものが成功する、という良い例だろう。

進撃の巨人、最終巻に言及。

パンダ
え、もう終わるの? やだやだ。

番組では、ついに終焉へ、と煽っているがいつ終わるのかは明言されていない。だが諌山氏が終わりを意識して描いていることは間違いないようだ。

ちゃんと完結させられるかどうか、そこに責任を感じている。

また、編集者との打ち合わせでのやりとりも公開されていた。

編集:前からイメージはあるわけ?最終巻の。

諌山:そうですね、最終コマはこんな感じかなとか。

そして番組の中で公開されたのがこのイラストだ。ただ、諌山氏いわく変わる可能性はあるとのこと。

パンダ
まだ終わる感じはしないんだけどね。これから世界を相手にどう戦っていくか見守っていこうじゃないか。(真面目なコメントだな、おい)
進撃の巨人 コミック 1-26巻セット

進撃の巨人 コミック 1-26巻セット

諫山 創
12,048円(12/13 07:02時点)
発売日: 2018/08/09
Amazonの情報を掲載しています