【手帳⑦】「ジブン手帳」を使った感想。「DIARY」「LIFE」「IDEA」と3冊に分かれている画期的な手帳。これは一生ものだ。

オススメ手帳紹介
 
パンダ
諸君、手帳はもうそろそろ決まったでしょ?

【手帳⑥】「ほぼ日手帳5年手帳」を使った感想。1年前の同じ日に何をしていたかがわかる。自分史を残すのにオススメ。

2018.12.13

続いての手帳は「ジブン手帳」だ。これはクリエーターの佐久間英彰氏が開発したオリジナル手帳である。

この手帳の特徴はバラせるという点にある。1年経つとまた一から手帳を書くことになるが、前年のアイデア等を残しておきたいと思ったときにこの手帳に行き着いた。

来年の手帳が決まらないあなたへ「ジブン手帳」

ジブン手帳の良い点
・サイズはA5スリム(H217×W136mm)で書くにも持ち歩きにもちょうどいい
・夢や計画など書き込むべきことが決められている
・「DIARY」「LIFE」「IDEA」と3冊に分かれているので使いやすい

この「ジブン手帳」の最大の特徴は、「DIARY」「LIFE」「IDEA」と3冊に分かれていることだ。

メインは「DIARY」で日々のスケジュールヲウィークリーで管理できるようになっている。これは1年分だ。

「LIFE」は自分の夢や目標、パーソナルデータを記入するページになっている。

そして「IDEA」は方眼タイプのノートで自由に書き込みができるようになっている。

何が便利かと言うと、「DIARY」「LIFE」「IDEA」の3冊それぞれが独立しているため、「DIARY」は1年使ったら終わりだが、「LIFE」「IDEA」は翌年も引き続き使うことができるのだ。

1年区切りの手帳では、せっかく書いた自分の長期目標を、また次の年の手帳に書かなくてはいけないなどして二度手間になっていることも多いだろう。

おそらく「LIFE」は一生ものになる。「IDEA」もスペースがなくなるまで使うことができる。そういった意味で愛着の持てる手帳となることだろう。

3冊に分かれていると言っても、カバーの中には3冊とも収納できるようになっているのでご安心を。

ということで私はジブン手帳を購入し、使い始めた。

そして……。

その結果





パンダ
「LIFE」にある夢や目標が埋まらねぇ! それと「DIARY」のウィークリーページがやっぱり毎週同じことしか書けねぇ!!

私は結局同じことを繰り返しているのかもしれない。手帳が続かない理由を手帳のせいにして、次から次へととっかえひっかえ新しい手帳を購入しているが、どれも続かない。本当はわかったいたんだ。続かないのは自分のせいだと。でもそれを認めたくないじゃんね。

パンダ
ジブンって何ですか?

【手帳⑧】「モレスキンノート(ポケット・ハード・方眼)」を使った感想。高級感と携帯性を兼ね備えた大人な手帳。

2018.12.15