【比較】「ZOZOHEATCOTTON」を実際購入して着た感想。静電気やかゆみでユニクロヒートテックがダメな人でも大丈夫。

ZOZOHEATCOTTONをレビューするパンダ
 
パンダ
なんだ、ユニクロのパクリか。

今回は、ZOZOTOWNで「ZOZOHEATCOTTON」を購入したのでレビューしたいと思う。

肌が敏感な人はヒートテックは静電気が起きたりするので着れない、という人もいるだろう。私もそのひとりだ。

そこでこの「ZOZOHEATCOTTON」をオススメしよう。

ZOZOHEATとユニクロヒートテックの比較

パンダ
こんなあからさまに比較するって、随分強気だな。

下の図はZOZOTOWNのホームページに載せられているものだ。ここまであからさまに比較するというのはZOZOの自信の表れだろうか。

ゾゾとユニクロ比較1
ゾゾとユニクロ比較2
(出典:ZOZOTOWNホームページより)

これだけ見るとZOZOの方がお買い得だと思うかもしれないが、これは「ZOZOHEAT」のことであって「ZOZOHEATCOTTON」のことではない。

金額は「ZOZOHEAT」や「ユニクロヒートテック」よりも高くなるが、それでも肌で悩んでいる人は「ZOZOHEATCOTTON」一択だと断言できる。

乾燥肌や敏感肌の人は静電気などのせいでかゆみが発生したりするので、ヒートテックは着ないようにしている人もいると思う。それでも寒さ対策でヒートテックを着ている人には、「ZOZOHEATCOTTON」をオススメしたい。

気になるZOZOHEATCOTTONの素材は?

パンダ
綿はどのくらい使われているのかな?

ZOZOHEAT(ゾゾヒート)の素材
アクリル48%、レーヨン44%、ウール5%、ポリウレタン3%

ZOZOHEATCOTTON(ゾゾヒートコットン)の素材
コットン 95%、ポリウレタン 5%

このとおり、「ZOZOHEATCOTTON」はコットン95%だ。欲を言えば、コットン100%がいいが、それはあたたかくするために必要だと思われるのでここでは目を瞑ろう。

実際着てみた感触は、とても肌触りがよく、ヒートテック感がない。だが、ZOZOSUITで計測した自分サイズの服になっているため、フィット感が抜群でそれにより更に暖かさが増す感じがする。

これは着てみないとわからないことだが、着た瞬間に「おっ」となる、はずだ。

ZOZOHEATCOTTON(ゾゾヒートコットン)の価格は?

パンダ
問題は金額やで。

実際の金額はこちら。

1,290円(税込)+送料一律200円=1,490円

1,490円、これが1着購入するのに価格価格だ。ZOZOは送料が一律200円となっている。ユニクロのようにリアル店舗はないため送料は必ずかかる。

これを高いと思うか安いと思うか。私は敏感肌の人にはとても安い買い物だと思う。

種類も紹介しておこう。

zozoheatcotonの種類
(出典:ZOZOTOWNホームページより)

「MEN:クルーネック」「MEN:Vネック」「WOMEN:Uネック」「WOMEN:バレエネック」の4種でそれぞれ白と黒の2色となる。

オススメはやはりインナーが見えないように、男性には「MEN:Vネック」、女性には「WOMEN:バレエネック」をオススメしたい。

最後に

ZOZOでは、今後も「ZOZOSUIT」を使ったオーダーメイド商品を増やしていくと思われる。今後もZOZOの動きからは目が離せない。

最後に、ZOZOでは、「ZOZOARIGATO」サービスを開始している。会員価格で服が購入できるので、毎年何着かZOZOで服を買うという人は加入したほうがお得である。詳細はホームページで確認してほしい。

パンダ
言っておくが、オイラはZOZOの関係者でもなんでもないぞ。