【書評】『ファクトフルネス FACTFULNESS ハンス・ロスリング他著』を読んだ感想。10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣。全人類にオススメの本。

ファクトフルネスを書評するPANDA
 
パンダ
私たちは世界を正しく見ているようで、そうではないのですね。

今回の書評は『ファクトフルネス FACTFULNESS』だ。

ファクトフルネスとは、直訳すれば「事実」で、ここでの意味は「データを基に世界を正しく見ること」というニュアンスであると捉えておこう。

まずは、以下のクイズをやってみてほしい。

質問1 現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?
A 20%
B 40%
C 60%
質問2 世界で最も多くの人が住んでいるのはどこでしょう?
A 低所得国
B 中所得国
C 高所得国
質問3 世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は、過去20年でどう変わったでしょう?
A 約2倍になった
B あまり変わっていない
C 半分になった
質問4 世界の平均寿命は現在およそ何歳でしょう?
A 50歳
B 60歳
C 70歳
質問5 15歳未満の子供は、現在世界に約20億人います。国連の予測によると、2100年に子供の数は約何人になるでしょう?
A 40億人
B 30億人
C 20億人
質問6 国連の予測によると、2100年にはいまより人口が40億人増えるとされています。人口が増える最も大きな理由は何でしょう?
A 子供(15歳未満)が増えるから
B 大人(15歳以上74歳未満)が増えるから
C 後期高齢者(75歳以上)が増えるから
質問7 自然災害で毎年亡くなる人の数は、過去100年でどう変化したでしょう?
A 2倍以上になった
B あまり変わらない
C 半分以下になった
質問8 現在、世界には約70億人の人がいます。下の地図では、人の印がそれぞれ10億人を表しています。世界の人口分布を正しく表しているのは3つのうちどれでしょう?
A 南北アメリカ10億人 ヨーロッパ10億人、アフリカ10億人 アジア40億人
B 南北アメリカ10億人 ヨーロッパ10億人、アフリカ20億人 アジア30億人
C 南北アメリカ20億人 ヨーロッパ10億人、アフリカ10億人 アジア30億人
質問9 世界中の1歳児の中で、なんらかの病気に対して予防接種を受けている子供はどのくらいいるでしょう?
A 20%
B 50%
C 80%
質問10 世界中の30歳男性は、平均10年間の学校教育を受けています。同じ年の女性は何年間学校教育を受けているでしょう?
A 9年
B 6年
C 3年
質問11 1996年には、トラとジャイアントパンダとクロサイはいずれも絶滅危惧種として指定されていました。この3つのうち、当時よりも絶滅の危機に瀕している動物はいくつでしょう?
A 2つ
B ひとつ
C ゼロ
質問12 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいるでしょう?
A 20%
B 50%
C 80%
質問13 グローバルな気候の専門家は、これからの100年で、地球の平均気温はどうなると考えているでしょう?
A 暖かくなる
B 変わらない
C 寒くなる

以上だ。答えが気になる人は本書を見てほしい。

おそらくあなたの正答率はチンパンジー以下だろう。

チンパンジー以下とはランダムで答えた場合の正答率、33%を下回るということだ。

ファクトフルネス、あなたが世界に対してもっている先入観

パンダ
多くの人がまちがった見方をしているようです。

世界では戦争、暴力、自然災害、人災、腐敗が絶えず、どんどん物騒になっている。金持ちはより一層金持ちになり、貧乏人はより一層貧乏になり、貧困は増え続ける一方だ。何もしなければ天然資源ももうすぐ尽きてしまう。

あなたはこのような先入観を持ってはいないだろうか。

このような先入観を持っていると先程の質問の正答率が下がることになる。

本書ではそのような先入観をなくし、正しく世界を見ようと言っている。

世界はそれほど悪くないのに、むしろどんどんよくなっているのに、人々はそう思っておらず、世界はどんどん悪くなっていると思い込んでいるのだ。

これは何より報道の影響が多いだろう。

悪いニュースというのは大々的に報道されるが、良いニュースが大々的に報道されることは少ない。

悪いニュースのほうが人々の関心を引きやすいからだ。

要は視聴率や売り上げなど、利益に直結するものを追い求めるとこうなるのだと思う。

要は私たちは歪んだ世界の形を見ていることになるのだ。

しかも意図的に歪まされた世界だ。

その世界から本当の真実を見つけるために、私たちは知恵を働かせなければならない。

ただ流れる情報を吸収していては、間違った方向にミスリードされてしまうことになる。

ネガティブ本能、世界はどんどん悪くなっているという思い込み

パンダ
世界は良くなっていると思いますか? それとも悪くなっていると思いますか?

人は誰しも、物事のポジティブな面より、ネガティブな面に注目しやすい。これはネガティブ本能のなせるわざだ。そしてネガティブ本能もまた、世界についての「とんでもない勘違い」が生まれる原因になっている。

世界がよくなっているかどうかを訊ねた場合、多くの人は悪くなっていると答えるらしい。

それはネガティブ本能と呼ばれるものの影響だ。

人は世の中をネガティブにとらえる傾向にある。

本当は、世界で貧困で苦しむ人は減っているし、平均寿命も伸び続けている。

しかし人々は常に不安をかかえているのだ。

私もネガティブな人間だ。

少しイヤなことがあればその感情が風船のように膨らみ、どんどん心を圧迫する。

将来のことなど誰にもわからず、不安をかかえる意味などないというのに。

人はわからないからこそ不安になるのだ。

現代で起こる事件や事故が大々的に報道されるのをみることにより、将来に更なる不安をいだく。

これを解消するには、正しく世界を見ること以外にない。

本当の世界はもっと明るく、もっと前向きなものだ。

誰もが不安にさいなまれ、何の希望もない世界だったとしたら、とっくにこの世界は滅んでいただろう。

そうならないのは、人々がネガティブ本能を持つ以上に、ポジティブ本能を持っているからにほかならない。

人々は恐れながらも心のどこかで性善説を信じている。

ハッピーエンドを信じている。

まず大事なのは不必要な不安を持たないよう、世界を正しく見ることである。

犯人捜し本能、誰かを責めれば物事は解決するという思い込み

パンダ
仕事で誰かを犯人に仕立てて責めたことはありませんか?

物事がうまくいかないと、誰かがわざと悪いことを仕込んだように思いがちだ。

もし本当に世界を変えたいのなら、肝に銘じておこう。犯人捜し本能は役に立たないと。

仕事で何かミスやトラブルが起これば必ず言われるのが、誰の責任なのか、ということだ。

まっとうな上司であれば自分に責任があると言って部下をかばうが、人間性に問題がある上司は責任逃れをし、ひどい上司になれば平気で部下のせいにする。

そんなことをして何を得るのだろうか。

いっときの責任回避をすることがその後の人生にプラスになるとでも思っているのだろうか。

本書では、犯人捜しをするのではなくシステムや仕組みを見直そうと提言している。

飛行機の例が記載されていたが、飛行機が落ちたからといってパイロットのせいにするべきではない、何か航空会社のシステムに問題があるのではないかと疑う必要がある。

なぜならシステムに欠陥があるままパイロットのせいにしたところで、また別のパイロットが乗ったときに同じようなトラブルが起こる可能性は高い。

このように、何かが発生した場合は犯人捜しではなくシステムの見直し等が必要で、犯人とおぼしき人を特定したところで根本的な解決にはならないのだ。

まずはあなたの職場で無駄な犯人捜しが横行していないかチェックしてみることをオススメする。

ファクトフルネス、おわりに

本書は、ハンス・ロスリングだけでなく、その息子のオーラ・ロスリングとオーラの妻であるアンナ・ロスリング・ロンランドとの共著である。

しかし、ハンスはこの本が完成する前に末期の膵臓がんで他界している。

おわりにからオーラの言葉を引用して締めるとしよう。

父が人生をかけて広めようとした「事実に基づく世界の見方」は、わたしたちの中に生きている。そしていま、この本を読みおえたみなさんの中に、父の想いが生きていることを願っている。

パンダ
一度すべての思い込みを捨て、まっさらな目で世界を見てみよう。
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド
1,944円(11/17 23:55時点)
発売日: 2019/01/11
Amazonの情報を掲載しています