【書評】『eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日』を読んだ感想。eスポーツを知るための入門書。オリンピック種目になる日も近い。

Eスポーツ論を書評するPANDA
 
パンダ
eスポーツ?

今回の書評は『eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日』だ。

eスポーツを知りたい人の入門書と言っていいだろう。

日本のeスポーツ界は世界から7年遅れている

パンダ
日本っていつもこうだよな。石橋叩きすぎ。

日本ではまだこれから、やっと若い人から老人までがeスポーツというジャンルを知る機運が高まりはじめたところです。私は今、日本のeスポーツ界は世界から7年取り残されていると思っています。

日本はこういうとき先頭を走ることができない。必ず他国の状況を様子見て大丈夫そうだったら参入する、といつスタンスだ。それではイノベーションが起こることは絶対にないだろう。

先頭を走るには失敗も許容しなければならないが、日本は失敗を許容しない文化だ。失敗するくらいならやらない方がいい、そういう雰囲気の会社は多いのではないだろうか。

これではこれからの日本が心配だ。今からでも遅くない。eスポーツのビックウェーブに乗るために各自で準備をはじめるべきだろう。

【書評】あなたは「37秒の奇跡」を知っているか?『勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 梅原大吾著』を読んだ感想。

2018.08.16

プロゲーマーが子どもの憧れの職業になる日

世界のトップは日本におけるプロ野球選手やサッカー選手に負けないレベルで「ファンに夢を売る」と呼んでいい職業なのは間違いありません。

ユーチューバーのように、プロゲーマーが社会的地位を持つのもそう遅くはないだろう。

今、子どもの夢は何だろうか。変わらず、サッカー選手や野球選手は根強いのだろうか。しかしこれからは色々な職業が出てくると予想される。

夢はこれ、という正解などなくなり、すべての人が好きなことをして生きていく世の中になるだろう。

そのときにプロゲーマーの果たす役割は大きくなっているだろう。

ヒカキンのような子どもに大人気となるプロゲーマーが出てくるのは、10年後、いや、5年後には確実に存在しているだろう。

eスポーツがオリンピック種目になる日

パンダ
オリンピック種目になったらオイラが出てやる。

2024年のパリオリンピックでeスポーツが正式種目になるかどうかというと、個人的な私の意見ですけれども、まだ公開種目なのではという気はします。その次の2028年ロスオリンピック、こちらで間違いなく正式種目になるのだろうと思います。

現時点では難しくても、近い将来、eスポーツがオリンピック種目になる日が来るだろう。

オリンピック組織委員会が認めなくても、世間での認知度が上がれば委員会は認めざるを得なくなる。

オリンピックでメダルが欲しい人は、今から準備しておく必要があるだろう。

正式種目に決まってからゲームに取り掛かってもすでに遅いだろう。

おわりに:eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日

最後に、今後の教育についての箇所を引用して締めるとしよう。

「学校にeスポーツの授業を取り入れなくていいのか」とかそういう論議は非常に高まりだしています。

パンダ
体育の授業でeスポーツの練習をする日が来るかもな。誰が教えるのか知らんけど。先生より生徒のほうがうまいだろ 笑
eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日

eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日

筧 誠一郎
1,404円(02/22 11:57時点)
発売日: 2018/08/01
Amazonの情報を掲載しています