【ドラマ】『3年A組 今から皆さんは、人質です 菅田将暉主演(日テレ)』をhuluで一気に観た感想。現代のSNS時代へのアンチテーゼを込めたドラマ。ミステリー好きにオススメ。

3年A組をレビューするPANDA
 
パンダ
let’s think

今回のレビューは『3年A組 今から皆さんは、人質です』である。

日テレで放送されたドラマで、現在はhuluで配信中だ。

私はhuluで一気観したので、その感想を述べようと思う。

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― [Blu-ray BOX]

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― [Blu-ray BOX]

菅田将暉, 永野芽郁, 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE), 川栄李奈, 上白石萌歌
19,263円(05/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

『3年A組 今から皆さんは、人質です』のあらすじ

パンダ
簡単に説明しましょう。

ひと言で言えば、「高校の教師が生徒を人質にとって教室に立てこもる話」である。

これだけでじゅうぶんだろう。

ただ、この立てこもりには別の目的があった、ということだけお伝えしておこう。

3年A組は、現代のSNS時代に向けたアンチテーゼである

パンダ
菅田将暉さんの言葉ひとつひとつが熱いですね。

お前たちはもう感情に任せて過ちを犯せる年じゃないんだよ。
それが許される年じゃないんだよ。
考えて!考えて!考えて!答えを出すんだよ!
だからもっと。だからもっと!
自分の言葉に!自分の行動に!
責任を持てよ。

これは教師役の菅田将暉が言った言葉である。

さて、これは誰に言っているのか。

もちろんドラマの中では生徒に言った言葉であるが、本当の相手はあなたである。

あなたは過ちを犯せる年だろうか、それとも違うだろうか。

あなたはそれが許される年だろうか、それとも違うだろうか。

菅田将暉のセリフは生徒を通して、世の中の甘い考えを持った人たちに向けた言葉なのだ。

あなたは自分の行動に責任を持っているだろうか。

高校生だけに向けた言葉ではない。

むしろ大人であるあなたに言っているのだ。

自分の言葉や行動に責任を持っているだろうか。

このドラマは今の世の中に対して、苦言を呈する世直しのドラマなのだ。

あなたに観る覚悟があるだろうか。

もうひとつセリフを引用してみよう。

ナイフを刺せば血が出る。
痛みも伴う。
場合によっては、命も奪える。
当たり前のことだ。
でも今の社会はこんな当たり前のことに気が付く暇もないぐらいにせわしく回り続けている。
相手に何をしたら傷つくのか、何をされたら痛むのか…。
お前たちにはそれに気付かない感情が麻痺した大人にはなってほしくなかった。

これも同じだ。

SNS時代、しかも日本は匿名が主流だ。

自分は安全なところにいて、名前も顔も晒している有名人著名人を悪意のある言葉で叩く、これが今のSNSの姿だ。

実際に危害を加えなくても、言葉で人を傷つけることは簡単なのだ。

それに気付いていない人が多すぎるということなのだろう。

それだけみんな忙しいのだ。

自分の痛みにすら気づかないほど忙しいというのは、あらためて考えると異常である。

その異常ななかで人々は生きるために必死に働いたり学んだりしている。

異常ななかで異常なことをしているわけだから、自分の痛みに気づかないのはしょうがない。

それゆえ、他人の痛みになど気づく余裕もあるはずもない。

あなたは今日、誰を言葉で傷付けただろうか。

最後にひとつ引用しよう。

おい!そこの!
周りに流されて意見を合わせることしかできない、お前に言ってんだよ!

『3年A組 今から皆さんは、人質です』おわりに

最後に大事な決断をするときの方法を伝授しよう。

意味がわからないと思うので、ドラマ本編で確認してほしい。

グッ、クルッ、パッ。
大事な決断をする時は、グッと踏みとどまってクルッっと頭を一周させればパッと正しい答えが浮かぶ。

パンダ
グッ、クルッ、パッ。

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― [Blu-ray BOX]

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― [Blu-ray BOX]

菅田将暉, 永野芽郁, 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE), 川栄李奈, 上白石萌歌
19,263円(05/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています