【考察】新型コロナウイルスの流行と世間の反応について今考えるべきこととは? 日常と非日常のあいだを行き交う自分。平常心をいかに保つかが大事。

日常と非日常、そのあいだを行き交う自分。
パンダ
新型コロナウイルス、いつ落ち着くんでしょうか。

今回は、今まさに流行している新型コロナウイルスに関して、感じたことを書いておこうと思う。

あくまで自分の振り返り用として記録しておくものだ。

世界はインターネットでつながったことで様々な情報をすぐ知ることができるようになった。

それはプラスに働くものだと思ったが、今回は少しばかり違うようだ。

もちろん新型コロナウイルスに関する情報を早く知ることができることは大変有用だ。

しかし、それと同時に広まらなくて良い情報まですぐに広まってしまうため、厄介だと感じた。

デマやガセ情報が簡単に拡散されてしまうのだ。

情報の渦の中で、いかに正確な情報をつかむか、それが今求められている能力になる。

 

また、今回大事だと感じたのは、日常から非日常に突然世界が移行したときに、いかに平常心でいられるかということだ。

どんな災害であれ、平常心を失うことは判断能力を奪うことにつながる。

今回も、トイレットペーパーなどの買い占め、またそれらの転売、デマ情報を流す人、またそれらの情報に踊らされる人、そういった平常心を失った人たちが多くいた。

「国民生活安定緊急措置法」という法律があり、買い占めや転売は罪に問われる可能性がある。

罪に問われないとしてもモラルの問題もある。

ちょっとした小遣い稼ぎのつもりの人もいるだろうが、それにしてはリスクの高いことであり、モラルの欠如した行動と言わざるを得ないだろう。

それと、デマやガセ情報を流すことも罪に問われる可能性がある。

以前、地震のときにライオンが逃げたとデマを流した人は、たしか逮捕されているはずである。

デマを流す人もそうだし、それをツイッターなどでリツイートすることもリスクがあるということを認識しておくべきだろう。

 

今後、この新型コロナウイルスがどのような状況をつくるのかはわからない。

これから更に拡大を見せるのか、それとも一気に沈静化するのか、それとも予想もつかないような事態になるのか、それは誰にもわからない。

現状を見る限りは、以前の新型インフルエンザのときと同じような流れを辿るのではないかと個人的には思っている。

最初は検疫やら隔離やらで大騒ぎしていたが、やがて季節性のインフルエンザと同等の扱いになり、事態は一気に沈静化した。

新型コロナウイルスもデータが揃ってくれば、過度に恐れる必要のないウイルスということがわかるのではないか。

ただ、高齢者や持病のある人にとっては厄介なウイルスである可能性もあるため、該当する人は注意が必要だ。

それでも、データだけでみれば新型コロナウイルスよりもインフルエンザで亡くなる人のほうが圧倒的に多い。

とにかく冬はなんらかの感染性が流行することは間違いないわけだから、日ごろから予防に努めることが必須なのだ。

 

話を戻すが、こういった事態になったときはいかに平常心を保つかが問われる。

それを自分の胸に刻んでおこうと思う。

これからも新しいウイルスが登場することは何度もあるだろう。

地震などの災害に見舞われることもおそらくあるだろう。

そんなときにいかに自分というものを保っておけるか。

それには日頃から自分というものをしっかり確立し、自信を持って行動していることが大事なように思う。

自分というものがないからこそ、非常時に周囲の声や状況に惑わされて、おかしな行動をとってしまうのかもしれない。

日常と非日常、そのあいだを行き交う自分。

そのどこに本当の自分はいるのだろうか……。