【超まとめ】ブログも小説も、文章をうまく速く書けるようになりたい人へ。文章術オススメ本を厳選して紹介。

文章術オススメ本を紹介するPANDA
 
パンダ
どうやったら文章を書くのがうまくなるんだ?

今回は「文章術」に焦点をあてて、うまく書くために読んでおいたほうが良い本を紹介しよう。

ブログ、小説、ツイッター、どれも文章を書くということでは同じこと。それぞれの型はあるが、どれにも通ずるものがある。

様々な文章術の本から知識を取り入れてうまく書けるようになろう。

本を買うならamazonプライム会員が便利!

【文章術オススメ本】人を操る禁断の文章術 DaiGo著

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

メンタリストDaiGo
発売日: 2015/01/19
Amazonの情報を掲載しています
パンダ
人を操りたい人はこれを読め(笑)。

まずは、メンタリストDaiGo氏「人を操る禁断の文章術」である。

本書を読めば人の心を操れるようになるかも? それくらいこの本には人に伝えるための知恵が詰まっている。

論理ではなく感情に訴えることでより伝わりやすくなる。自分の頭の中ではなく、相手の頭の中を考えることが大事。

文章を書く目的は相手に行動させることであることを忘れてはならない、そう思わせてくれる本である。

書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重著

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)

近藤 勝重
842円(06/25 03:37時点)
発売日: 2011/09/29
Amazonの情報を掲載しています
パンダ
作文の出だし、「ぼくは……」で止まってないかい?

本書では文章上達のための練習問題がいくつも掲載されていて、実戦で文章力をあげたい人にオススメだ。

自分自身の言葉や表現をするには、自らが経験したこと反映することであなたならではの表現ができるとのこと。

100人いれば100人それぞれの意見や考え方がある、ということを気付かせてくれて、自分自身を肯定されたように思える本である。

【文章術オススメ本】10倍速く書ける 超スピード文章術 上阪徹著

10倍速く書ける 超スピード文章術

10倍速く書ける 超スピード文章術

上阪 徹
1,290円(06/25 03:37時点)
発売日: 2017/08/24
Amazonの情報を掲載しています
パンダ
文章を速く書ける? 20年間毎日、コラムを書き続けることができる?

この本は文章を速くうまく書けるようになりたいという人にオススメだ。

ポイントとして、形容詞の中身を具体的に書く、という方法が紹介されている。楽しい、うれしい、おもしろい、こう書くだけでは小学生の作文になりがち。大事なのはあなたがそのときにどう感じたか、ということ。

また完璧主義は書くスピードを落としてしまうので書ききるということが大事とも書かれている。文章を書くことに悩んでいる人は是非読んでほしい。

【文章術オススメ本】ミステリーの書き方 ローレンス・トリート著 大出健訳

ミステリーの書き方 (講談社文庫)

ミステリーの書き方 (講談社文庫)

アメリカ探偵作家クラブ
発売日: 1998/07/15
Amazonの情報を掲載しています
パンダ
ミステリー小説書きたいならこの本だね。

この本はミステリーの書き方を書いた本であるが、物書きに通ずるヒントが見つかるだろう。

物語を書く際の4つのルールとして次のように書かれている。

この4つのルールはミステリーだけでなく、どんな物語にも共通する。広くあてはまるように言いかえると、
①登場人物が直面する問題は読者の関心をひくに足る重大なものであること
②主な人物は物語全体を通じて登場していること
③事が起こる前に伏線が引かれていること
④登場人物は問題を何とかしようと努力すること
ということになる。

小説家を目指す人は一読をオススメする。

【文章術オススメ本】書きあぐねている人のための小説入門 保坂和志著

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

保坂 和志
720円(06/25 03:37時点)
発売日: 2008/11/01
Amazonの情報を掲載しています
パンダ
書きあぐねるってどういう意味?

これは小説全般を書こうと思っている人にオススメの本だ。

この本で書かれていることは、小説とは人間に対する圧倒的な肯定、とある。

また、著者の持論として、小説家と役者はほかの仕事をしていてもある日突然なれる職業であると言っている。これには、賛否があるかもしれないがその真意を知りたい人は本書を読んでほしい。

【文章術オススメ本】武器としての書く技術 イケダハヤト著

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

イケダ ハヤト
発売日: 2013/06/27
Amazonの情報を掲載しています
パンダ
最近、動画撮れとか言ってなかったっけ?

最後は、イケダハヤト氏の著書である。

これにはちまたで言われているブログ論のようなことが書かれている。それはイケハヤ氏が言ったから広まったのか、元々あったブログ論を本に書いたのか、どちらかはわからないが、ブログを書こうと思っている人は読んでおいて損はない。

まとめ

文章能力をあげたいならまずは読むこと、そして書くこと。インプットとアウトプットを常に行える人が上達するのだと思う。

ここにあげた本でなくても、日ごろから本を読むことを習慣付けるといいだろう。

自分自身が、インプットが少ないからアウトプットできないのか、アウトプットする技術を知らないからアウトプットできないのか、どのどちらかなのか見極めは必要となるだろう。

本を買うならamazonプライム会員が便利!