【書評】時間がないと思い込んでいる人へ。『週40時間の自由をつくる超時間術 DaiGo著』を読んだ感想。(オススメ本)

週40時間の自由をつくる超時間術を書評するPANDA
 
パンダ
ああ、忙しい忙しい。

今回の書評は、DaiGo氏の「週40時間の自由をつくる超時間術」である。

時間がないと嘆いているあなたには目から鱗の本となるだろう。

現代人は週に40時間を余らせている

パンダ
DaiGoってなんで「D」と「G」が大文字なんかな。

アメリカだけでなく、世界中の人が実際に仕事に使っている時間の合計は、過去40年間でまったく増えていないどころか少なくなっている。これは、行動記録を使った研究で明らかになった事実だ。しかし、「あなたたちは、実は毎週30~40時間の自由な時間を余らせているんですよ」と言っても、決して信じてくれないだろう。

現代人の「時間不足」は、あくまで勘違いだというわけです。

本書に書かれているデータを見ればわかるが、昔に比べて働く時間は短くなっている。これは日本だけでなく世界中がその傾向にあるとのことだ。

ただ、残業次第でこのデータは変わってくるだろう。

ここで意識しなければならないのは、仕事に使っている時間が有効に使われているかどうか、であろう。これもアメリカでの調査の結果だが、およそ3分の2のビジネスマンが1日に平均1時間は仕事と無関係な作業をしていることがわかっている。

あなたは有効に時間を使っているだろうか。

忙しいの口癖をきっぱりと止めよう

パンダ
忙しいが口癖のヤツって結構いるよな。

ポーランドのワルシャワ大学が行なった研究によれば、「忙しい」と口に出すたびに、あなたの意識は未来や過去に向かい、そのせいで目の前の本当にやるべきことに集中できなくなるとのことです。
こうなると予定した作業はどんどん遅れてしまい、本当は余っていたはずの時間が無意味に浪費されるわけです。

あなたのまわりにもいないだろうか、「忙しい」が口癖の人が。そういった人に限り、要領が悪く仕事ができないということはないだろうか。

「忙しい」と言った時点で、自分はこれ以上仕事をする能力がありません、と言っているのと同義だ。自分を過小評価されたくなければ「忙しい」を口癖にするのはやめるべきだ。

「忙しい」のかわりに「活動的だ」「活発的だ」などの言葉を使うようにすると結果にプラスの影響があるらしいので、気になる人は試してみると良いだろう。

【書評】あなたの悩みがすべて解決する!『メンタリストDaiGo著 一瞬で人生が変わるすっごい呪文』を読んだ感想。

2018.06.29

時間感覚の負のスパイラル

パンダ
時間不足は錯覚だってよ。

いったん「時間が足りない!」といった感覚に襲われると、焦りとパニックによって生産性が大きく低下。結果として、何もかもうまくいかない負のスパイラルにハマり込み、やがて本当に使える時間も減っていきます。「富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる」という聖書の言葉は、時間についても真理を突いているようです。

時間の感覚は容易に狂うものだ、と本書に書かれている。誰でも経験があると思うが、楽しいことをしていれば時間は速く過ぎ、嫌なことをしていると時間が長く感じる、というもの。これも錯覚だ。その他、人間はいろいろなものの影響を受け、時間感覚を狂わせているのだ。

本書では、時間感覚を正す方法や、ストレスを軽減する方法、職場での時間管理の対策など、様々なな時間対策が細かく紹介されている。時間のことで悩みがある人にとってバイブルとなる本であろう。

また「自分の時間を取り戻す8週間プログラム」なるものも掲載されている。

【書評】『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)DaiGo著』を読んだ感想。アフィリエイターに絶対オススメの本。

2018.09.18

おわりに

最後に、「おわりに」から一文を紹介して締めるとしよう。

究極の成功とは、自分のやりたいことをするための時間を自分に与えることである。

パンダ
時間管理がんばろっと。ウイッシュ(ダイゴ違い)。
週40時間の自由をつくる 超時間術

週40時間の自由をつくる 超時間術

メンタリストDaiGo
1,512円(09/23 19:37時点)
発売日: 2018/03/30
Amazonの情報を掲載しています
本を買うならamazonプライム会員が便利!