【書評】『ビジネス書を捨てよ、街へ出よう 高山洋平』を読んだ感想。営業マン必読の書。人間関係を改善したい人にもオススメの本。

『ビジネス書を捨てよ、街へ出よう 高山洋平』の書評
パンダ
冒頭に、読んだら捨てろと書かれてます。

今回の書評は『ビジネスを捨てよ、街へ出よう 高山洋平』について書きたいと思います。

本書は、株式会社おくりバントを経営する高山氏の著書であり、主に営業マンに向けた内容となっています。

今、営業の仕事をしている人、これから営業に入る人、などにオススメの本です。

また、人間関係を改善したいと思っている人にも何かヒントとなることが書かれているかもしれません。

『ビジネスを捨てよ、街へ出よう 高山洋平』がオススメの理由

本書は、ある営業マンが師匠から営業について学ぶという形式で物語が進行します。

ただ師匠の語る言葉は一風変わっていて。

サボり時間を死守せよ、カフェで会話を盗め、全力で媚びろ、などいわゆる良い営業マンとい言われるセオリーからは少し外れているのです。

それでも優しさが大事、など当たり前のことも語っていたりする。

本書を通して著者が伝えたいことは、人間関係を上手くするには直球じゃダメ、変化球をうまくつかっていこう、ということだと思います。

生きづらい世の中であるけども、だからと言って深刻に受け止めすぎてもつまらない、どうせ生きるならユーモアを使って生きていこうよ、と。

変に堅苦しく物事を考えてしまう人は、本書を読むことで少し肩の力が抜けて楽になるでしょう。

職場がギスギスしてるとか、他人との関係が上手く行かない、なんて人はユーモアを発揮することで周囲の状況を変えることができるかもしれません。

著者いわく、本書にはヒントしか書かれていません。あとはあなたがどう受け取りどう行動するかが大事です。

読んだら本書を捨て、街へ繰り出しましょう。

パンダ
私は勿体無いから捨てないでメルカリで売ります