【書評】『スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニガル』を読んだ感想。不安やプレッシャーに負けそうな人にオススメの本。

『スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニガル』を書評するPANDA
パンダ
ストレスは悪いものではない??

今回の書評は『スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニガル』だ。

現代はストレス社会と呼ばれて久しいが、本書はストレスをただ悪いものと捉えずに力に変えていこうという内容の本である。

日々仕事でストレスを感じている人には助けとなる本だと思う。

冒頭から一節引用しよう。

「おなかのなかでチョウチョたちが飛び回っているようにざわざわと落ち着かないときは、心のなかへそっと放ってあげましょう」
クーパー・エデンズ

『スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニガル』をおすすめする理由

パンダ
ストレスの扱い方が人生を左右しますね。

ストレスは人を賢く、強くし、成功へと導きます。人はストレスの経験から学び、成長することができます。そして、勇気や思いやりを持つこともできます。

ストレスと聞くと誰もが悪いものという印象を持つだろう。

しかし本書を読めば、その考え方は一変する。

本書では、ストレスは人を成長させ健康で幸せにする、と断言している。

日々ストレスを感じて、つらいと思っている人に是非読んでほしい本である。

要は考え方の問題なのだ。

もちろん、心や身体が壊れてしまうほどのストレスからは逃げるべきだと思う。

だが、ほとんどのストレスは対処可能なのだ。

ストレスを悪いものと捉えるか、ストレスをなんらかの方法でプラスの方向に持って行こうとするか、でだいぶストレスの意味は変わってくる。

次の言葉を見てほしい。

ストレスとは、自分にとって大切なものが脅かされたときに生じるものである。

どうやら人間は、どうでもいいことにはストレスを感じないらしい。

あなたはどんなときにストレスを感じるだろうか。

そのストレスにはまったく意味がないだろうか。

そのストレスをプラスの力に変えたとき、何かが変わることはないだろうか。

あなたが目指すべき方向が困難であればあるほど、その壁は大きく、ストレスも感じやすくなるのだ。

ストレスの欠如は人を不幸にする

パンダ
ストレスがないと不幸になる?

人生に生きがいを感じている人びとは、あまり生きがいを感じていない人びとにくらべて、心配ごとが多く、ストレスも多いのです。

意外だろうか。それとも思い当たる節があるだろうか。

私は思い当たる節があった。

日々追われるように忙しく過ごしているときを終え、通常のおだやかな日々に移行したとき、どこか物足りなさを感じてしまうことがよくあるのだ。

忙しく寝る暇もない状態はつらいものなのだが、いざそれが終わり暇になってしまうと忙しいときのほうが充実していた、と思えるのだ。

ある種の錯覚というか、思い込みなのかもしれないが、基本的に脳は何もない状態を嫌う。

何もなければそこに不安をおびき寄せ、心を埋めようとする。

だから暇になると色々と余計なことばかり考えてしまうのだ。

それが忙しければ余計なことは考えることがないため、人は不幸を感じづらくなるのではないかと個人的には思っている。

また、人は何か乗り越えたときによろこびを感じる生き物であるから、何かストレスを感じてから達成した方が気持ちがいいのだ。

何も壁がなく、ただ達成してしまっては大したよろこびは感じないはずだ。

実際、実験ではストレスの少ない生活を送っている人たちは、あまり幸せを感じていないことがデータでわかっている。

バリバリ働いていたビジネスマンが定年後に、うつ病やボケの進行が早くなるのは、こういった理由からなのだろう。

人は暇より忙しいほうがいいのだ。

もっとも苦しんだ人がもっとも人を助ける

パンダ
痛みを知っているからこそ他人を助けようと思うのですね。

周りの人を助けると、恐怖が勇気に変わり、無力感が消えて楽観的な気持ちになれます。人生でもっともつらいストレスに襲われたときこそ、思いやりと絆のもたらす効用は、わたしたちが生き残るためにきわめて重要なのです。

よく言われることで、痛みをしっているほうが人にやさしくできる、というもの。

何かの歌詞のようだが、これは事実なのだ。

本書に書かれているが、ホロコースト、竜巻被害、9.11など、つらいことを経験した人ほど、ボランティアや支援活動に積極的に参加する傾向にあるとのこと。

「情けは人の為ならず」とことわざにあるように、誰かのための行動することはいずれ自分に返ってくるものだ。

だがここでいうもっとも苦しんだ人たちは、決して見返りを求めて行動しているわけではないだろう。

むしろ貢献することこそが自分へのご褒美であり、それ以上のお返しは必要ないのだと思う。

誰かを助ける、誰かのためになる、そういったことが何よりも自分の利益となるのだ。

本来人間はやさしいのだ。

自分を犠牲にしてでも、利他の心で他人を助けようとする。

そこに意味はないのかもしれない。

ただ目の前の人を救いたいと思うだけなのかもしれない。

だが理由は何でも良いのだ。

大事なのは助けること。

恐怖を勇気に変え、行動することが人のためになり、自分のためになるのだ。

おわりに

最後に一文を引用して締めるとしよう。

「わたしはストレスによってどんなふうに成長したいだろう?」

パンダ
もうストレスなんて怖くない!
本を買うならamazonプライム会員が便利!