【書評】仕事に悩む勤め人男子のための本。『人生の99.9%の問題は筋トレで解決できる! Testosterone著』を読んだ感想。

人生の99.9%の問題は筋トレで解決できるを書評するPANDA
 
パンダ
筋トレで99.9%解決できるなんて、笑っちゃうね。

今回の書評は「人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!」である。

この本は特に、仕事に悩める勤め人男子におすすめの本だ。仕事がうまくいかない、仕事がつらいなど、仕事に何かしらの悩みがある人は読んでみることをおすすめする。なぜなら、99.9%の問題は筋トレで解決できるのだから。

腕の太さで仕事の悩み解決

パンダ
腕が太いと仕事がうまくいくのか?

ぶっとい腕を見ると、男は憧れ、尊敬の念を抱く。多少の畏怖も手伝って「こいつとはとりあえず仲良くしておこう」と思うのは間違いない。つまり腕が太いだけで周囲の男からは無条件の本能的リスペクトが集まり、人間関係がこじれにくくなる。当然、仕事もうまくいきやすくなるし、友達だって作りやすくなる。だから腕を太くすることが、人生を好転させるきっかけになるというわけ。

確かに、太い腕とわかる人がいた場合、男の場合、本能的に警戒するかもしれない。こいつやべえ、と。

その武器を自分が持てばいいのだ。武器と言ってもその筋肉で誰かを攻撃するわけではない。むしろそれは使ってはいけない武器だ。あくまで人に見せたり、人をビビらせるために身につけているだけなのだ。

いじめで言えば、いじめの対象となるのは小柄だったり、細い子となることが多い。マッチョの子がいじめられているというのを聞いたことがない。

仕事においても自分を守るために、筋トレで腕を太くしておくと良いだろう。

肩幅の広さで仕事の悩み解決

パンダ
肩幅があれば仕事がうまくいくのか?

肩幅が広いだけで、相手に対し優位な立場になれるってことだ。世界共通、あらゆる場所で肩幅の広い男は一目置かれ、本能的な敬意の対象となる。ビジネスシーンでも、いきなりナメられるようなことはないし、交渉事にもプラスに働く。なんせ本能に訴えるんだもの。
そうして一見、「この人怒らせたら怖そうだな……」って思う人がちょっと笑ったり、優しさを見せたりすると、そのギャップがこれまた人の心に刺さる。まあ、刺さりますな。「〇〇さん、ギャップ萌え♡」ってなる……はず。

仕事においてなんとなく雰囲気でナメられる、ということがあるだろう。そのナメてくる相手にはもちろん問題がある。どんな相手だろうと同じように接するべきなのだ。しかし、どれだけ平等に接しようとしても、本能的には必ず優劣がつけられる。そのときに効果を現すのが肩幅なのだ。

肩幅あって胸を張って堂々と歩いていれば、ナメてくる人は確実に減るだろう。

筋トレで仕事の悩み解決

パンダ
文句あるならかかってこい

自分なりに努力を重ねて、筋トレして、ある日鏡に映った自分を見てほしい。筋肉は努力を裏切らない。以前より大きくたくましくなった身体が、心にも自信を与え、強くしてくれる。それを繰り返していればいつか、“無敵の自分”になれるだろう。「俺は逃げも隠れもしねえ。文句あるならかかってこい」って態度で生きるのは気持ちがいいぞ!

筋肉は裏切らない、これは名言だと思う。筋トレさえしっかりやっていれば筋肉は少しずつでも増えていく。そう裏切ることはないのだ。

とにかく自分に自信が持てない人は、筋トレをがんばってみるといいだろう。まず目標を決めてそれを確実に実行していく、それができなければならない。それができないということは仕事でも途中で投げ出す人、というふうにまわりに見られてしまうだろう。

おわりに

最後に、著者のメッセージを紹介して締めるとしよう。

3か月後には性格も身体もガラッと変わり、生まれ変わった自分に会えるだろう。プライベートも仕事も一気に充実するから覚悟しとけよな!

こんな感じで人生が変わるなら、筋トレ、試してみる価値あるとお思いだろう。

パンダ
よし、ブログなんか書いてないで、筋トレしろ。
人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

Testosterone
発売日: 2016/12/23
Amazonの情報を掲載しています

【超まとめ】Testosterone本をまとめてみた。「筋トレとプロテインでこの世の99%の問題は解決します」

2018.08.26