【書評】働くことに疑問を持つ人へオススメの本『働かないって、ワクワクしない? アーニー・J・ゼリンスキー著』を読んだ感想。

『働かないって、ワクワクしない?を書評するPANDA
 
パンダ
そもそもパンダは働いてないからなぁ。

この本がどういった本を説明するために、「はじめに」から著者の言葉を引用しよう。

この本はズバリ、あなたを「勝ち組」にする本です。

そして「勝ち組」の定義は次の通り。

生きることに喜びを感じ、毎朝、その日に起こることを楽しみに目を覚ます。自分が今していることを楽しんでいる。残りの人生で自分が何をしたいかよくわかっている。そんな人は「勝ち組」と言えるでしょう。

これを読んでわかるとおり、決して大金を手にするとか、名声を手に入れるとか、そういうことが成功ではないということだ。

さあ、本当の「勝ち組」になりたい人はこの本を手に取ろう。

自由時間、引退生活、宝くじの幻想

パンダ
宝くじで当たったことある?

誰もが思うだろう。自由な時間がほしい、若くして引退してゆっくり過ごしたい、宝くじに当たれば楽になれる、などだ。

ここで宝くじについての箇所を引用しよう。

宝くじに当たれば人生はバラ色。大金持ちになれば夢見ていた人生が送れる。誰もがこう思っているが、実際はそうではない。ニューヨークで宝くじに当たったある人は、仕事をやめたことを後悔している。
「トラックの運転が懐かしくてね。私の人生で最大の失敗は、忠告してくれる人をなくしたことだ」
これは、大富豪になった元トラック運転手の言葉で、思いもよらぬ出来事で大金持ちになった人々を調査した報告書に紹介されている。

宝くじにあたっても幸せじゃない人は多い。また、何かで大金を得て自由時間を多く得た人も、幸せではないらしい。会社で働き自由時間の少ない状態から、急に自由時間が増えても人間は時間を持て余してしまうのだ。

人は気楽に暮らしたいと本音のところでは誰もが思っているものだ。こんな言葉がある。

人は、気楽で豊かな人生を送るというゴールに近づけば近づくほど、生きている意味を探すために足元を掘り返すようになる。これは逆説的だが、真実だ。
――フランツ・アレキサンダー

何かを得ても、また足元を掘り返すような人生は幸せといえるのだろうか?

【書評】心が疲れてリセットが必要なあなたへオススメの本。『求めない 加島祥造著』を読んだ感想。

2018.07.24

あなたの使命は何?

パンダ
朝起きるのつらい?

成功した人が幸福なのは、自分の使命を持っているからだ。毎朝、起きるのがつらいのなら、あなたは自分の使命をまだ見つけていない。人生において重要な使命を持つことは、真に生きていることを意味する。使命があれば、毎朝、これからの一日に興奮と情熱を感じるだろう。雨が降っていようが雪が降っていようが、カンカンと日が照っていようが、早く動き出したくてたまらない。あなたの使命は、魂によって定められる人生の務めだ。あなたの真髄であり、この世に生まれた理由なのだ。

朝、起きるのがつらい人は、使命を見つけていないのだ。朝起きて、会社に行くのが憂鬱ならば、会社にあなたの使命はないのだろう。

忙しいだけでは十分ではない。問題は、何のために忙しいか、だ。
――ヘンリー・デイビッド・ソロー

成功のための新しいパラダイム

パンダ
成功って何だろうな。

成功は、仕事がなくても、仕事がある時と同じように味わうことができる。社会が押しつける成功は、いい仕事、大きな家、そして高級車。だが、これだけが成功を意味するのではない。パラダイム・シフトを行なえば、成功の意味も変わってくる。

さて、あなたにとって成功とは何だろうか。まず自分自身で成功について考えてみたあと、次の言葉を見てほしい。

成功とは?
よく笑い、たくさん愛すること。
聡明な人々の尊敬と子どもたちの親愛を得ること。
正直な批評家に認められ、偽りの友人の裏切りに耐えること。
美を称賛すること。
他人の中の最高のものを見つけること。
見返りのことなど一切考えずに自分を献身的に捧げること。
健康な子ども、救われた魂、美しい庭、改善された社会状況を通して、世界をほんの少しよくすること。
熱心に遊んで笑い、思い切り歌うこと。
あなたが生きているおかげで、たった一人でも慰められた人がいると知っていること。
これが成功するということだ。
――ラルフ・ワルド・エマーソン

ここにすべてが込められている、そう思わないだろうか。

時は幸福なり

パンダ
やっぱ「時は金」なりだろ。

物質主義、仕事中毒、スピード第一に毒された文化のスローガンは、「時は金なり」だ。だが、どうして時間を金で測るのだろう? 私なら、時間を幸福で測る。私のスローガンは「時は幸福なり」だ。こうすれば、みんなもっと健康になり、幸福になれるだろう。

大金を得たとしても幸せになれるわけではない。成功したと思えるような人たちが自ら命を絶つということは珍しくない。このあたりはデータは本書で確認を。

幸せになるには、「時間」が必要なのだ。その時間をいかに確保し、いかに活用していくか、これが人間の幸せに直結することなのだ。

あなたは自由時間を持っているだろうか。

時間ほど大切で貴重なものはない。
――フランスのことわざ

【書評】生き方に悩むあなたが読むべき本!『小さいことにくよくよするな!リチャード・カールソン著』を読んだ感想。

2018.07.25

おわりに

この本は明確な答えを示してくれる本ではない。この本はあなたが「自由時間」を得て、本当の「勝ち組」になるためのヒントが書かれた本である。

あとはあなたがどうするか、だけである。

行動しなければ何も得られない。それは幸福も同義である。

自由時間は、人生のあらゆる段階で大切にし、活用するべき宝物だ。自由時間がどれほど大事かまだピンと来ない人は、ちょっと考えてもらいたい。臨終の際に「もっとたくさん働いておけばよかった」と言った人をあなたは知っているだろうか?

パンダ
さあ、自由時間を手にしよう。
VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?

VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?

アニー・J・ゼリンスキー
発売日: 2013/03/02
Amazonの情報を掲載しています

【書評】この本は超時代の自己啓発書!『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている ふろむだ著』を読んだ感想。

2018.08.18