【書評】『その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」小野和俊』を読んだ感想。会社内に蔓延る無駄を徹底的に排除しよう。悩める社畜にオススメの本。

その仕事、全部やめてみようの書評
パンダ
全部やめちゃったら、会社からいらないって言われそうですね。

今回の書評は『その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」小野和俊』です。

クレディセゾン常務執行役CTOの小野氏の著書となります。

さて、本書を手に取った人、またはまだ読んでいないけど気になっている人は、毎日忙しく仕事を過ごしている人たちなのでしょう。

その忙しい仕事を、どのようにすれば効率よく、スムーズに進めることができるのか、そんな思いがあるのだと思います。

本書では、効率を求めるというのではなく、いかにより良い仕事をするか、というところに焦点が当てられています。

がんばっているのに、真剣に働いているのに結果が出ない、そんな人にオススメの本です。

『その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」小野和俊』がオススメの理由

パンダ
次の序盤に出てくる言葉が本書の肝です。

まず序盤の一節を引用しましょう。

「谷」を埋めるな、「山」を作れ!

言い方を変えれば、弱点を改善しようとするのではなく強みを伸ばせ、というところでしょうか。

会議で、「この製品はA社と比べると〇〇が劣っており、B社には△△で負けています――」というような話がよくあるのではないでしょうか。

これはよくあるやりとりですが、このように谷に着目していてはダメだと小野氏は言っています。

弱点に目を向けるほうが楽であり、社内の賛同も得やすいとのこと。

しかし顧客のことを考えると「谷」よりも「山」を作ることのほうが重要のようです。

「谷」を埋めようとすることは、ラクだが無駄な仕事と断言しています。

人間関係でもよくあることでしょう。

他人の良いところよりも悪いところが目についてしまうのがそうです。

他人でなくても、悲観的な人は自分の悪いところばかり見てしまう人もいるでしょう。

「どうせ私なんて」というような自分を卑下する言葉は他人から見れば心地の良い言葉ではありません。

人も会社も、強みを活かし山を作ることが、自分の価値を高める唯一の方法と言っていいでしょう。

「谷」を埋めることばかり考えて、下ばかり向いていても幸せ掴めないのです。

仕事を進めるにおいて、自己都合ではなく、誰のよろこびにつながるのかを考えることが成功への道なのです。

自己都合で考えていると、ダメなアイデアが出ることがあります。

それはこんなときだそうです。勤め人なら深く頷くことでしょう。

・プレッシャーを受けて無理やり考えるとき
・役職者の思いつきを入れるとき
・変に差別化しようとするとき など

ああ、ウチの上司のことだ、なんて思った人もいるのではないでしょうか。

業績が悪いと何とかしなければと思い、無理やりアイデアを絞り出すことはあると思いますが、それはうまくいかないようです。

それはそうでしょう。

業績ありきで無理やり考えたことがうまくいくなら、誰でもうまくいきそうなものです。

大事なのは、よろこんでくれる人を明確にイメージすることです。

本書を読んで気づいたことは、小手先のテクニックを学ぶのではなく、自分の中の行動する理由や誰のために行うかという目的をしっかり持つことが大事ということです。

今までと違った視点で仕事を見つめ直したい人にオススメの書ですので、是非手に取ってみてください。

パンダ
よし、明日からぜんぶ仕事やめて遊ぶぞ!
(それは違う)