【書評】ブロガー必読の書。『キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて離さない77のテクニック 川上徹也著』を読んだ感想。

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて離さない77のテクニックを書評するPANDA
 
パンダ
で、ブロガーの人って誰だっけ?

この本も「ブロガーの人(@blogger_no_hito)」の企画に当選した人の選んだ本だ。

当選者は「タカシタマミ氏(@t_mami134)」で、本川上徹也著の「キャッチコピー力の基本」である。

この企画についてのツイートを紹介しておこう。

では、書評をはじめる。

以下はこの本を読んだ私の全体的な感想である。

本書では、実際使われたキャッチコピーの事例や、実際にある本のタイトルを並べて、網羅的にキャッチコピーの手法について紹介した本である。キャッピコピーについて知りたいならこの本さえ読めば大丈夫という内容になっている。普通にビジネスに使える手法である上に、ブログやアフィリエイトをやる人にとっても非常に参考になる本だ。
本を買うならamazonプライム会員が便利!

売れない原因は「キャッチコピー力」が足らないから

パンダ
キャッチコピー力があれば売れるようになるのか?

まず、「はじめに」から著者の言葉を紹介しよう。こんな経験をした人にオススメの本である。

・いい商品のはずなのに、なぜか売れない。
・徹夜して仕上げた企画書なのに、タイトルだけ見て、中身を読んでもらえなかった。
・自分が書いたメルマガやブログの記事に、まったく反応がない。
・上司や得意先から「結局、何が言いたいの?」とよく言われる。
・会議で発言しても、そのままスルーされてしまう。

これらは、すべて「キャッチコピー力」足りないせいです。

思い当たるフシがある人は、続けて以下を読んでもらいたい。

キャッチコピーで大事なのは自分に関係があると思ってもらうこと

パンダ
オイラに関係あること書いてあるかな。

「自分に関係がある」と思わなければ、人の心は動きません。キャッチコピー力の基本は、すべてそこにあります。いかに「自分に関係がある」と思ってもらえるように書くかが一番大切です。

じゃあ、どんながあるのかと思った人のために実例を紹介している。

普通→「仕事の整理術」
見本→「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」

わかりやすい例ではないだろうか。

少し話はそれるが、あなたの机の上はぐちゃぐちゃになっていないだろうか。机が整理されていないということは頭の中も整理されていないということ。そうなると良いキャッチコピーなど出てこないはず。しっかり身の回りを整理して、脳の中を整理して、良いキャッチコピーを考えよう。

人によっては散らかっているほうがひらめくという人も存在するが……。

脅して言い切るキャッチコピー

パンダ
脅すキャッチコピーって思いのほか多いよな。

人間は脅されると、反発しながらも気になります。そんな心理を利用して、「脅して言い切る」という手法があります。健康、コンプレックス、お金、災害、老後、経済など、多くの人間が不安に思っている事柄であるほど、効果は高くなります。

脅すという手法は、私はあまり好きではない。が、効果は抜群である。人は常に何かに不安を感じているもので、そこにピンポイントに刺さる言葉があれば人は自然と興味を持つものだ。

私が思うに、手法は様々だが「言い切る」ということが何事においても大事だと思っている。仕事でも、遠回しに物事を言い、一体何を言いたいのかわからない人、というのは実は多い。そういう人はだいたい結論から物を言えないのだ。

最初に結論を言い切り、そこから肉付けをしていくという流れが相手に伝わりやすいはずだ。

脅す例を見てみよう。

・体温が一度下がると免疫力は30%低下する。
・体温が低いとガン細胞が元気になる。
・筋肉は使わないとどんどん減っていく。
・ストレスを受けると細胞もダメージを受ける。

効果的に脅す、ということが大事だろう。その脅しにより読者が得をするのであれば、それは最終的に脅しだとは思われなくなる。

おわりに

最後に、「おわりに」から著者の想いを紹介して締めるとしよう。

本書では77もの様々なテクニックを惜しげもなく公開している。キャッチコピー力をつけたい人には必読の書である。

ネット社会になり、ビジネスで文章を書く機会が飛躍的に増えたことで、事態は一変しました。ビジネスの現場では、1行でその成否が決まってしまうことも珍しくありません。今や、「キャッチコピー力」は、普通のビジネスパーソンにこそ、一番必要なスキルになったのです。

パンダ
キャッチコピー力を身につければ、すべてが手に入ると言っても過言ではない。知らんけど。
キャッチコピー力の基本

キャッチコピー力の基本

川上 徹也
1,404円(07/21 03:08時点)
発売日: 2010/07/23
Amazonの情報を掲載しています

【超まとめ】「ブロガーの人」のプレゼント企画で当選した本たちを一挙レビュー!

2018.09.30