【書評】『アトピーの治し方 世界最高のエビデンスでやさしく伝える最新医学で一番正しい 大塚篤司』を読んだ感想。アトピーで悩むすべての人とその親にオススメの本。

アトピーの治し方を書評するPANDA
パンダ
とてもわかりやすくやさしく解説してくれている本です。

今回の書評は『世界最高のエビデンスでやさしく伝える最新医学で一番正しいアトピーの治し方 大塚篤司』だ。

アトピーで苦しむ人は多いと思う。

そんな人たちに読んでほしい本である。

これを読んで症状がよくなるかはわからないが、理解を深めるという意味で読んでおいて損はないと思う。

多くの人がこういうふうに思っているのではないだろうか。

どうしてアトピー治療はこれほどまでに混乱しているのか。

この疑問が本書で解消されることだろう。

『アトピーの治し方 世界最高のエビデンスでやさしく伝える最新医学で一番正しい 大塚篤司』をオススメする理由

どんなに軽い症状の人も、どんなに重症である人も、すべてのアトピー患者さんが向かう先は「保湿するだけできれいな肌をキープできる状態になること」だ。

本書は、様々な症状や状況に応じて解説しているため、アトピーで悩んでいる人全般に有用な本であると言える。

また、民間療法には様々なものがあるが、その一つひとつに医学的見地から解説している。あなたが実際にやっている民間療法についても書かれているだろう。

それと本書が信用できると思えるのは、過去の失敗を堂々と公表していることにある。

アトピー治療というのは未だに確立しておらず、医者たちも手探り状態であることは間違いない。

そのなかで、過去の失敗や後悔を乗り越え、本書を書くに至ったのだ。

この本は、ぼくのアトピーに関する知識と経験を、皮膚科専門医としてのキャリアの全てを注ぎ込んだ1冊だ。

皮膚科医がずっと言えなかったこと

パンダ
序章は懺悔からはじまります。

著者の大塚氏は過去にアトピーに関する情報を発信するブログをやっていたそうだ。

ただ批判的なコメント等が多く、うまくはいなかったようだ。

また大塚氏自身も、患者には一人ひとり個別の理由と背景があることに、配慮できていなかったことを後悔しているとのこと。

そんなとき、娘のアトピーで苦しむ母親から相談のメールが来たそうだ。

それに対して安易な返事しかできなかったことを今でも後悔していると。メール本文は割愛する。

このメールに対して、ぼくはきっと無責任に「大丈夫です。きっと良くなりますよ」と返事したに違いない。医者が告げる根拠のない励ましや具体案のない精神論は、患者さんを深く傷つける。ぼくは間違いなく、この患者さんを傷つける返事をしたと思う。今になって誤りたくても、もうこの母子と連絡をとる術はない。

こういった後悔が今の原動力になっているとも言えるだろう。

こういったことから医療不信になり、病院ではなく民間医療に手を出す人がいるのだろうと推察している。

その原因をいくつかあげている。

初対面の患者に「怒る」医者
「アトピーは治りません」と言う医者
偉そうにしている医者
空気が読めない医者

こういった医者がいることで医療不信になるのだという。

あなたもこんな医者に遭遇した経験があるのではないか。

意味もなく上から目線の医者はとにかく多い。それはアトピー治療に関わらずどんな病院にも言えることだが。

その他にも、「患者を食いものにするアトピービジネス」などに触れている。

いくつもの事例が紹介されているので、騙されないよう知識を備えておくことが大事だ。

一節を引用しよう。

専門家の意見はエキスパート・オピニオンと言って、エビデンスがとても低いものとして扱われる。テレビや雑誌で、個人的な経験から語る医療情報は、話半分として聞いてよいくらいだ。

おわりに

実際の治療方法等は、正確性を期すためここには書かない。中途半端に書くことで患者さんを迷わせたくはないので、気になる人は本書で確認してほしい。

とにかくアトピーは人それぞれ状況が違うため、その人に合った治療をすることが何より大事だ。

テレビか何かでちょっと紹介されていたからと言って安易に試すのはやめたほうが良いと思う。試すにしても本書を読んでからが良いだろう。

最後に著者の想いを引用して締めるとしよう。

ひとりでも多くのアトピー患者さんとそのご家族が、アトピーに制限されない幸せな生活を送れるよう願いを込めて。

本を買うならamazonプライム会員が便利!