【書評】完璧主義者はなぜ仕事ができないのか?『まんがでわかる地頭力を鍛える 細谷功著』を読んだ感想。

まんがでわかる地頭力を鍛えるを書評するPANDA
 
パンダ
次のチェックシートをやってみて。

□わからないことがあると、すぐにネットで検索する

□十分に準備できるまで行動しない

□他人の長所よりは短所に目がいきやすい

□十分に知らないことは、知らないというのが誠実だ

□いつも時間や予算が足りないと感じている

□中途半端なことを言うくらいなら黙っている

□上司や顧客への報告は自分なりに100点にして持って行く

□できるかどうかわからない夢を語るのは、時間の無駄だ

□自分でたたき台を出すより、他人のたたき台にコメントするほうが得意である

□ノートや机の上は整理整頓されている

さて、いくつチェックがついただろうか?

結構多くチェックがつかなかっただろうか?

7つ以上にチェックがついたら、日常の仕事で完璧主義がマイナスに働いている場面が多くなっている人、の可能性が高くなる。

あなたは完璧主義ということ。

なぜ完璧主義がいけないのか、について考えてみよう。

本を買うならamazonプライム会員が便利!

リストラ予備軍に異動になった主人公

このまんがはある家具メーカーに勤める「川口美鈴」を主人公として、ストーリーが展開していく。

文字だけの本が苦手という方はこのまんが版がオススメだ。

美鈴は仕事がうまくいかず悩んでいるときに、リストラ予備軍が集まる「苦情受付課」に異動となってしまう。

さて、どうなることやら。

頭の良さには3種類ある

社長の出した課題に対して、美鈴よりも同期で営業部の「広澤大和」が先に答えを出したことをきっかけに、美鈴は広澤に色々と教わることになる。

広澤いわく、頭の良さには3種類あるとのこと。

1、物知り
 多種多様な知識を幅広く有している人
2、機転が利く
 空気を読んで円滑に物事を進めていく今も昔も必須な能力
3、地頭力がいい
 未知の領域で問題解決をしていく能力

そして美鈴は「1、物知り」であると広澤は言い、知識だけではビジネスを乗り切るのは難しいと断言する。

落ち込んだ美鈴が「地頭力」について考えはじめるきっかけとなる。

実際に会社にも存在するだろう、やたらと物知りな人。

ですが物知りなだけであたまでっかちになりがちなので、いざとなると行動できない人が多くなる。

機転が利くのはただ知識があるだけの人よりは良い気がするが、自分から何かを作り出す能力には欠ける。

物知りか機転が利くにあてはまった人、落ち込まないでほしい。

広澤は美鈴にこう言っている。

「いつからでも地頭力は鍛えられる」、と。

パンダ
この本を読んで地頭力を鍛えようぜ。

フェルミ推定

広澤はビジネスで推定するとき、「フェルミ推定」を活用するといい。

”フェルミ推定とは?”
「原子力の父」として知られるノーベル賞物理学者、エンリコ・フェルミが名前の由来で、正確な答えが出しにくい問いでも推定ロジックによって短時間で求める方法

「結論から」「全体から」「単純に」がフェルミ推定の考え方だ。

言い方をかえれば、ものごとを逆算して考える、ということだろうか。

地頭力について解説するパンダ
パンダ
フェルミ推定を知れば地頭力をつけるのは簡単だ。

社長からの課題

苦情受付課で働く美鈴ですが、ある日社長に呼ばれる。

「君にプロジェクトリーダーを頼みたいんだ」、と社長は言う。

え、いきなり社長から直々に?と思った。

ここはまんがならでは、という感じだろうか。

現実の世界で社長に呼び出されたら、9割が悪い話だろう(笑)

そして社長は、明日までに企画書を持ってこい、と言います。

美鈴は言い訳します。

美鈴「え、明日ですか? そんな資料もないのにできませんよ。せめて1週間……」
社長「できるかできないかなんて聞いていない。明日までに持って来いと言ったんだ」

パンダ
こわっ

ないない病

美鈴はこのことを広澤に相談する。

すると、地頭力のない人がかかる病気がある、と言い、それは、「ないない病」だと。

情報がないからできない。
時間がないからできない。
お金がないからできない。
人がいないからできない。

こんな口グセの人いないだろうか?

これが地頭力のない人の特徴だと。

地頭力があるとこれとは真逆の考え方をする。

今ある情報でできることは?
今ある時間でできることは?
今あるお金でできることは?
今いる人でできることは?

さあ、あなたはどっち?

パンダ
ぼ、ぼくはもちろん地頭力があるほうさ(汗)

最後に

地頭力に必要なものは、とりあえずの答えを出すこと、思い込みをなくす、優先順位をつける、このような前向きな考え方になる。

本書ではまずは20点でいいから出してみる、これが大切だと書かれている。

完璧主義だと最低80点にならないと出しませんが、それでは手遅れになるとのこと。

なるべく高い点数にしてから出そうとする人は、ただただ上司に怒られるのを避けたいがため、という気がする。

さて、では社長から課題を出された美鈴はどうなっただろうか。

それは本書を読んでご自分の目で確認してほしい。

エピローグの美鈴の言葉を引用して終わりにしよう。

「地頭力のおかげでどんな仕事でもやりぬく自信がついたし、1人でデザインするのもいいけどみんなで作り上げる楽しさを知っちゃったんだもん」

パンダ
さあ、次はあなたの番だ!
まんがでわかる 地頭力を鍛える

まんがでわかる 地頭力を鍛える

細谷 功, 星井 博文, 汐田 まくら
827円(07/19 00:11時点)
発売日: 2017/06/30
Amazonの情報を掲載しています
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

細谷 功
1,728円(07/19 00:11時点)
発売日: 2007/12/07
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA