【盲目的な生き方のススメ】現代の世界を斜に見て考えた本当に人間が幸せになるための方法。

盲目的な生き方のススメ
パンダ
今回は「生き方」についての考え方をまとめてみました。

今回は、常に変化を続ける現代をしあわせに生き抜くための方法について書いてみようと思う。

お題は「盲目的な生き方のススメ」とした。

これに関連する記事をいくつか書いていけたらと思う。

非常に現代は生きにくい時代だと思う。

様々なものが進歩し、生活は豊かになったとは言え、それとは逆に精神的に追い込まれることが多く、しあわせを感じづらいのではないだろうか。

そこで私からは今の時代にあった生き方というのを提案してみたいと思う。

 

まずタイトルにある「盲目的」という言葉について書いておこう。

本来「盲目的」とは以下のような意味だ。

感情や衝動に引きずられて、理性や分別を欠くさま。

よく聞く言葉で「恋は盲目」とあるが、これはひとりの人に恋をして他の人がまったく目に入らない状態を言う。

私がこの記事で使う「盲目的」という言葉は、「視点を絞り、なるたけ必要なところだけを見るようにする」という意味で使っている。

差別的な意味合いはまったく含んでいないし、理性が抑えられず暴走してしまう、というような意味でもないことは書き添えておこう。

それでは本文に入るとしよう。

【盲目的な生き方のススメ】人を助けない

街中で女性が男性たちにからまれていた場合、どうするべきか。

あなたはどうするだろうか。

最善の答えは、見て見ぬ振りをする、である。

そんなのが最善の答えのわけがないだろうと思っただろうか。

冷たいと思っただろうか。

そこで助けなければその女性はそのあと命を落としてしまうかもしれない。

はたまたどこかへ連れ込まれて監禁されるかもしれない。

ただそれはあくまで可能性の問題だ。

放っておけば数分後には解放されるかもしれない。

その心配は杞憂で終わるかもしれない。

でも、そんな場面に出くわしたら、助けなくてはという心理が働くだろう。

だがそれは突き詰めると、その女性を心配しているのではなく、見て見ぬ振りしたところを周囲の人に見られたらどうしようと自分自身を心配しているに過ぎないのだ。

心から相手を心配することなど人間にはできないらしい。

涙を流すときも、相手がかわいそうだから泣くのではなく、そんな状況に置かれた自分がかわいそうで泣いているのだ。

必ず自分の保身が行動には反映される。

だから、止めには入らないが、「どうしよう」と心配した振りだけをする人間が出てくる。

無視せず心配した振りをしておけば、自分の面目が保たれるからだ。

しかし助けに入った場合、最悪の場合、自分が命を落とす可能性がある。

そこで死んでしまったとしたらそれは正しい行動と言えるだろうか。

あなたが死ねば悲しむ人がいるはずだ。

妻や夫、息子や娘、母親や父親、親戚や友人、会社の同僚、様々な人の顔が浮かぶはずだ。

その正義感は正しいと心から言えるだろうか。

だからここで言いたいのは、自分の保身でなく心から助けたいと本当に思うのであれば助けるべきであるが、そうでないならば助けることはやめた方がいいということだ。

あなたには大きな力はない。

私たちには小さなことしかできないのだ。

目に止まる人たちを助ける前に、やるべきことがあるのではないか。

あなたは、あなた自身とあなたの半径数メートルにいる身近な人を守る義務があるのだ。

誰もかれも救えるようなスーパーマンはこの世にはほぼいない。

自分の身をわきまえて、適切な行動をとることがしあわせになる道だ。

誰を守るべきなのか、一度視点を絞って考えてみることをオススメする。

人生は短く、一緒に居られる時間も限られているのだから……。

パンダ
次は何について書こうかなぁ。