【書評】『人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ著』を読んだ感想。最小限の努力で最大限の成果を出す。幸せについて考えたい人にもオススメ。

人生を変える80対20の法則
 
パンダ
80対20? ずいぶん劣勢だな。

今回の書評は『人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ著』だ。この法則は他に「パレートの法則」などと呼ばれ、ビジネスにおいて大きな影響を与えてきた。

この「80対20の法則」は仕事、人間関係、投資、家庭などあらゆるものに応用が可能な法則だが、今回の書評では「幸せ」に焦点をあてて解説したいと思う。

”こんな人にオススメ”
・がんばってはいるが成果が上がらない人
・時間がうまく管理できず悩んでいる人
・幸せとは何なのか考えたい人

80対20の法則とはいったい何なのか?

パンダ
だから、ボロ負けしてるスコアだろ。

80対20の法則とは、投入、原因、努力のわずかな部分が、産出、結果、報酬の大きな部分をもたらすという法則である。たとえば、あなたが成し遂げる仕事の80%は、費やした時間の20%から生まれる。つまり、費やした時間の80%は、わずか20%の成果しか生まない。

この80対20の法則は人生のあらゆることに当てはまる。80%はムダと切り捨てるのではなく、いかに20%に集中し、効率よく成果を上げるかというところに焦点を絞ることが重要だ。

例えば会社の中では、20%の人が全体の利益の80%を稼いでいる。残りの80%の人で20%を稼いでいることになる。

本で言えば、大事なことが書かれているのは全体の20%だけだったりする。私はこの20%を読み解くように本を読むようにしている。すべての本に当てはまるわけではないが、ただなんとなく長いだけの本はその80%があまり価値のないものだったりする。

この考えはすべてにあてはまる。だからあなたがしなければならないのは、あなたがしている行動でより大きな成果を出している20%は果たして何なのかを見極める必要がある。

20%に集中し、それ以上の成果を上げるのだ。なんとなく大事そうだからという理由で、80%の部分に注目していては大きな成果は得られず、人並みの成果しか上がらない。

80対20の法則、時間革命

パンダ
狂ってる……。オイラもそう思う。

われわれは「あわただしい時代」に生きている。「余暇の時代」が来るという予言はいったい何だったのか。そのような時代はどうぶん来そうもない。余暇を楽しめるのは失業者だけだ。経営学者のチャールズ・ハンディが指摘したように、いまの時代はどこかが狂っている。管理職なら週60時間働くのが当たり前になった一方で、人員整理の嵐が吹き荒れている。
お金はあるがそれを使う暇がない人と、暇はあるがお金がない人に、社会は二分されている。時間管理が人気を集める一方で、暇をもてあます恐怖感と、時間がなくて満足のいく仕事ができない不満が、かつてなかったほど広がっている。

余暇の時代などこれからも来ないだろう。AI時代の到来だと言われているが、おそらく人間の仕事量は減らないと思っている。なぜそう思うのかと言えば現状がそうだからだ。しなくていい仕事というものがこの世界には溢れている。

固定給をもらうためだけに、日々なんとなく仕事をしている人は大勢いるはずだ。それが悪いと言っているわけではなく、そうせざるを得ない社会構造になってしまっていることを批判しているのだ。

これからはいかに時間を持つか、お金持ちではなく時間持ちになるかが幸せになる重要な要素だ。仕事に埋もれることを望む人もいるかもしれないが、それはごく一部。そういった仕事に埋もれない人のまわりにいる人は少なくとも幸せではないのだ。

20%の時間をいかに効率よく使うか。それを考えるべきだろう。

【書評】人生を再選択せよ!『幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ 岸見一郎古賀史健著』を読んだ感想。

2018.08.05

80対20の法則、人生でいちばん大切なこと

パンダ
人生でいちばん大切なこと……。なんだろうな。

仕事で成功すれば、それだけ厄介なことが増える。成功するには、トップを目指さなければならない。トップに立つには、自分で会社をつくる必要がある。テコの力を最大限に活用するには、たくさんの人を雇わなければならない。ビジネスの価値を最大化するには、他人の金を使い、資本のテコの力を利用しなければならない。そうしなければ会社は大きくならないし、利益は増えない。人脈は広がっていくが、友人や家族とすごす時間は減っていく。成功に酔いしれると、人生でいちばん大切なものを見失うことが多い。成功の階段を息せききって駆け上がっているとき、ふと我に返って、足を止めてみたほうがいい。
そもそも何のために、仕事での成功を願い、資産を増やしたいと思ったのか。人生でいちばん大切なこと――それは幸福ではなかったか。

これは誰もが疑問に思っていることだが、一向に解決することのない問題と言える。皆、いちばん大切なことはわかっているのに、仕事でお金を稼がなくてはいけない状況になっている。それは当たり前と言ってしまえばそれまでだが、そうならないような社会構造というものが何かあるのではないか、とも思う。

どこでどう間違ったのか。それとも今の状況が正しいのか。仕事に追われていることが健全なのか。その答えを誰もが欲しがっている。

これは個人個人の思いだけでは解決しない問題だ。だからこの問題は放置され、誰もがなんとなく不満を抱えながら生きていくことになるのだ。

ならば自分だけは幸せになってやる、と思うかもしれないが、人間は本来自分だけが幸せになるということに罪悪感を覚える生き物だ。幸せになるなら全員一緒がいいのだ。そのような世の中にするにはあと何が必要なのだろうか。

80対20の法則、まとめ

最後にまとめとなる部分を引用して締めるとしよう。

幸せになるのは、人間の義務である。われわれは幸せになることを選択し、幸せになるために生きるべきだ。そして、幸福を追求しながら、身近にいる人を助け、幸福を分かち合うようにしたい。

パンダ
80対20の法則をうまく利用して、幸せをつかめ!
増補リニューアル版 人生を変える80対20の法則

増補リニューアル版 人生を変える80対20の法則

リチャード・コッチ
1,944円(02/22 12:42時点)
発売日: 2018/08/30
Amazonの情報を掲載しています
まんがでわかる 人生を変える80対20の法則

まんがでわかる 人生を変える80対20の法則

リチャード・コッチ
1,404円(02/22 12:42時点)
発売日: 2015/12/17
Amazonの情報を掲載しています